本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第283回2019/3/20 朝日新聞

 石井信也と洋一郎と航太を結ぶ糸が見えてきた。
 洋一郎も航太も金にだらしのないところやギャンブル好きのところはない。だから、この祖父、息子、孫に血のつながりを見つけられなかった。
 航太は職業柄からも文学好きがはっきりしている。洋一郎がすこやか館の図書室を見て回る様子からは、本への愛着を持っていることが感じられる。
 この三代を結ぶものは、本が好きだというところだ。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第282回2019/3/19 朝日新聞
 
 真知子さんが話した小雪さんと父が別れた経緯を、航太は聞いていない。だから、こんなに素直に「おじいさん」に感情移入できるのだ。でも、いずれは、航太も「おじいさん」の困った一面を知らされることになるだろう。その時に、航太はどう反応するのだろう。
 一方、洋一郎は、父が金銭にだらしがなかったことを克明に知らされた。それでも、生きていた父の心情に共感している。
 この父子、洋一郎と航太の対比に興味をひかれる。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第281回2019/3/18 朝日新聞

 死んだ人のことをどうとらえようと、それは生きている者の勝手なのだ。改めて思うのは、死者は肯定も否定もできないということだ。
 父との交流を懐かしみ、父の死を悲しんでくれるのは、洋一郎にとってありがたいことに違いない。しかし、真知子さんと神田さんが言っていることは、身勝手が過ぎると感じる。
 興味だけで、死者のことを詮索しているし、遺族が決めるべきことへ他人が口出ししている。今回の真知子さんと神田さんの言い分には、腹が立つ。また、航太の言っていることも軽はずみだと思う。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第280回2019/3/17 朝日新聞

 高齢者向きのいろいろな講座や教室などに魅力を感じない。子どもの習い事と同じように、させられている感じが強いのと、その内容に限界がはっきりしているからだと思う。でも、それは講座や教室のせいではなくて、受講する方の意識の問題なのだろう。暇つぶしや、趣味を広げるためにするのではなく、自分のやりたいことをやる気持ちがないと、何をやっても本当のおもしろさを味わえないと思う。
 洋一郎は、入居者のためを思って、講座を準備していたが、私が入居者であれば、心から楽しめるものはないと感じる。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第279回2019/3/17 朝日新聞

 後藤さんのやったことは、確かに他の入居者とスタッフにとっては困ることだが、この程度で、「退居」させられることになるのか?そうだとすると、入居者にとって、ハーヴェスト多摩はかなり息苦しい終の棲家になりそうだ。
 現実の有料老人ホームもこうなのだろうか?

このページのトップヘ