本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第389回2019/7/7 朝日新聞

 こういうインターネット上のニュースの扱い方の分析を、「若手スタッフ」に言わせる所が、この小説の細部を魅力のないものにしていると、感じる。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第388回2019/7/7 朝日新聞

 回りくどい考え方をしているが、今までの洋一郎の言動を振り返ると、後藤さんに対しては、こういう決断をするしかないと、感じる。

 洋一郎は、後藤さん父子のどこに、ひっかりを感じているのだろうか。自分と実の父の関係と、つなげて考えているとしか思えないが。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第387回2019/7/5 朝日新聞

 後藤さん本人のハーヴェスト多摩でのトラブルに、通常の処理をしなかったのは、洋一郎自身だったはずだ。しかも、たびたび拒否されたのに、将也さん本人からの電話を待ち続けていた。
 こんなことなら、施設長として、将也さんに秘書室長を通して、これ以上トラブルが重なるようなら、退去してもらう旨の警告、つまりはそれが、こういう場合の通常の処置だと思うが、それをしておいた方がよっぽど理屈が通る。
 どっちにしても、後藤さん本人が、洋一郎や施設のスタッフが予想するような反応をしないと思う。

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第385回2019/7/3 朝日新聞

 今日の夏子は、ゴシップ好きで、スキャンダルに興味津々の主婦に描かれている。
 洋一郎の父の四十九日の法事に自ら進んで参列した時の夏子は、初対面の川端さんや、どう見ても変な人物の神田さんや、真知子さんについて何のうわさもしていなかった。
 洋一郎の父の法事に参列した人たちは、どう考えても普通じゃないと思う。それなのに、夏子は、神田さんのことを洋一郎に訊いてさえいなかった。
 夏子の描かれ方に納得いかない。

 洋一郎が、この先、自分の墓を建てるようなことになれば、妻の夏子は、キーパーソンになるはずなのに。
 登場人物描写に納得いかない。

↑このページのトップヘ