本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第257回2017/9/21

 二代目半二郎にすっかり取り入った喜久雄は、実の子俊介を追い出して、まんまと三代目半二郎を襲名した。しかし、同時襲名した白虎が亡くなると、いい役にも付けずに丹波屋の名を汚すことしかできなかった。喜久雄に丹波屋を追い出された俊介は、本物の役者になるための修練を、名前を隠して苦労に苦労を重ねて十年もの間続けた。
 竹野の筋書きは、こんな風になるのではないか。世襲の歌舞伎を批判していた男だけにそれを、逆手に取った筋書きはきっと大衆受けするものになると思う。
 竹野という男、俊介の「怪猫」の芸の凄さを見抜いたことや、万菊を引っ張り出したことからも、なかなかのやり手の興行師だ。

 喜久雄の短い文面からは、喜久雄の方も覚悟が定まっているように思う。喜久雄は、どんなに悪役にされようが、どんなに世間から貶されようが、それで潰れはしないと思う。
 それどころか、竹野の描く筋書きは、俊介に世間の注目と同情を集めるためのものでありながら、喜久雄へも注目を集めるものになる可能性を感じる。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第256回2017/9/26

 この作品の時代は敗戦後の昭和だ。敗戦後の昭和は、民主主義と経済発展の時代だと思っていた。
 『国宝』に描かれているのは、江戸時代の庶民が大切にしていた義理と人情であり、西欧文化とは無縁の伝統芸能に生きる人々だ。
 私が生きてきた昭和は、本当に民主主義が根付いた時代なのか。昭和は、企業戦士と呼ばれる男たちが発展させた時代なのか。
 少なくとも、働く男たちが戦後の経済を発展させたというのは、浅い見方だと思う。家庭を顧みることなく、働き続けた男たちは、昭和の女たちがいればこそだったと、この小説を読んで感じる。
 春江も幸子も昭和の女の典型だと思う。常識的な既成の視点を変えると、新しい昭和時代が見えてくる。

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第30回2017/8/4 第6話 龍宮の友達③

あらすじ
 
高校に行かなくなっている娘の日芙美が、睦美に自分から話し始めた。日芙美は、もう高校へ行きたくないことと、予備校なら行けるかもしれないと、静かに話す。日芙美は、高校では同い年のたくさんの人と理由もなくいて、その人たちの意向をくみながら行動するのが、どうしても耐えられない、と言う。さらに、日芙美は母の睦美に、離婚してもいいよ、と言った。
 睦美は、娘の言いたいことがわからないでもないと思い、離婚のことにも、「わかった、考えとく」と答えた。

 白馬FCのホームスタジアムの最終節の対戦相手は、熱海龍宮クラブだ。この試合に、睦美は細田さんを誘って一緒に行くことになる。熱海龍宮クラブは、細田さんの亡くなった旦那さんが応援していたらしいチームだ。睦美は、細田さんをメインスタンドのアウェイ寄りの指定席へ案内する。席の隣の初老の男性は、龍宮クラブ側の人で、すでに酔っぱらっている。睦美が、お茶を買いに席を外して、戻ると、この見知らぬ男性が細田さんに話しかけている。

感想
 娘の日芙美の感じ方が分かるような気がする。今の日本では、学校は子どもたちにとって楽しいものでも必要なものでもなくなった。勉強をしたいなら、学校でなくてもできるようになった。
 これは、もう動かしようのない現実だ。
 では、親はどうすればよいか。睦美のように対処するのがよいと思う。まだまだ、学校以外の勉強の場は特殊な選択肢になる。だから、先ずは一般的な学校へ進学することを用意してやるよりないだろう。そして、子どもがその学校に拒否反応を示したら、次の方法を一緒に考えてやるのがよいと思う。

 今回の第6話は、今までと少し様子が違う。サッカー観戦によって、登場人物が悩みを解消するという展開ではないように思う。
 娘の日芙美は、自分で自分の気持ちを整理して、母に話している。母の睦美も、娘に期待をかけ過ぎていたことに自分から気づいている。サッカーについての話題は、この母と娘の気持ちの通じ合いを滑らかにしているだけだ。
 細田さんの旦那さんが、妻に隠していた行動はサッカー応援らしい。だが、細田さんが感じている亡き夫への疑いが、このサッカー観戦だけで解消するとは思えない。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第255回2017/9/19

 幸子が復活した。「口うるさい梨園の姑」いかにも、幸子のはまり役だ。
①興行面の計画は着々と進んでいる。
②歌舞伎界の後ろ盾は、小野川万菊が控えている。
③経験豊かな幸子は肚を決め、春江はその幸子やお勢の気持ちをつかんでいる。
 これで、俊介の舞台復帰の準備は万端だ。特に、春江、一豊、幸子、弟子や使用人がしっかりと気持ちを一つにしているのが、大きい。
 一方、喜久雄は、はしごを外されたも同然だ。喜久雄にも子はあるが、娘では歌舞伎役者の跡継ぎになり得ない。大阪の屋敷をたためば、喜久雄の借金は軽くなるが、それも喜久雄を丹波屋から離れさせることにしかならないだろう。
 喜久雄、三代目半二郎には、興行面を仕切る人物も、大御所の後ろ盾も、歌舞伎役者を支えられる家族もいない。
 それこそが喜久雄本来の姿でもあるのだが‥‥

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第254回2017/9/18

「俺な、逃げるんちゃう。……本物の役者になりたいねん」
 こんな思いだったとは!予想できなかった。お勢さんが言うように、俊介は家を出ても自立できないと私は思っていた。白虎(半二郎)の言葉通り、逃げ出したと思わされていた。
 この言葉通りに俊介が行動していたなら、私の予想238回感想は、大外れだ。それどころか、辻村の世話になっていたのは、俊介ではなく、喜久雄の方だったことになる。
 俊介のこの言葉を聞いて、春江が一緒に身を隠したとすると、春江の本性についても、前回の感想「食うため、大切な人を生かすためには、理想や体裁などにとらわれない生き方」も大間違いだったことになる。春江は、俊介を「本物の役者」にするためにこの十年余りを過ごしてきたのであろう。
 すごく、おもしろくなってきた。

このページのトップヘ