本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第229回2017/8/23

 この回のストーリーに直接の関係はないが、第十章 怪猫に入ってから、演技への喜久雄の反応を考えさせられる。

その一
 95回で、『隅田川』の舞台で我が子を探し狂女となった小野川万菊を観ている喜久雄と、俊介の反応が描かれていた。

「こんなもの、ただの化け物やで」
何かから逃れるように、笑い飛ばした喜久雄の言葉に、このとき俊介は次のように応えます。
「たしかに化け物や。そやけど、美しい化け物やで」と。(95回)


 結局、この時の喜久雄は、万菊の名演を理解できていなかった。

その二
 『太陽のカラヴァッジョ』で清田監督は、喜久雄以外にはプロの俳優をキャスティングしていない。喜久雄も含めて、この映画の全ての出演者から、いわば既成の演技を排除する考えなのだ。過去に徳次が、主役に起用されたことにも、清田監督のその考えが表れていた。
 喜久雄は、そのことに気が付いていない。

喜久雄演じる中野上等兵の見せ場でもあり、また試練の場。行き場を失った兵士たちの苛立ちと不安が喜久雄演じる女の仕草の抜けない兵士に向かうのでございます。「踊れ、踊れ」と皆に囲まれ、褌一つにされた自分が、その後、凄惨を極める暴行を受けるのでございます。(220回)

 結果として、喜久雄は、このシーンを監督の狙い通りに演じたのであった。映画の状況に極めて近い現実の状況に追い込まれ、そこから引き出された演技であったのだろう。そこから引き出されたものは、ドキュメンタリーではなく、清田監督が求めた演技であり、世界的に評価された演技だった。
 しかし、喜久雄本人にはそれが演技であったという自覚がないと感じる。
 喜久雄は、『太陽のカラヴァッジョ』の自己の演技を嫌悪し、拒否している。※223回感想と関連する。

あらすじ 201~225回 第九章 伽羅枕

 白虎の借金を背負った喜久雄は、スケジュールに空きさえあれば、地方営業に向かわされている。地方営業では、土地の金持ちにも付き合わねばならないし、宴席のクラブで、踊れとまで言われる。
 一方、肝心の江戸歌舞伎の舞台では、後見人の鶴若からますます邪険にされ、腰元のような端役をやることが、まるで当たり前のようになっている。
 そんな八方塞がりの喜久雄を見かねていた徳次の所へ弁天から、喜久雄の映画出演の話が舞い込む。その映画『太陽のカラヴァッジョ』は、今や世界的な巨匠となっている清田誠監督の作品である。徳次は、以前に清田監督の映画で主役を演じたことがあった。
 この時期、喜久雄の周辺では、喜久雄が東京に出て来たばかりのころを共に楽しく過ごした荒風の引退と赤城洋子の自殺未遂事件が起こっていた。この二つの出来事もあり、喜久雄は徳次の勧めに応じて気の乗らない映画出演を決心する。
 その役は、歌舞伎の女形だった兵士というものだった。はじめは、歌舞伎役者を使うのを渋っていた清田監督だったが、ふと奸策をめぐらすような表情をして、喜久雄の起用を決めた。

 撮影ロケ地は、沖縄の小島という過酷な現場だった。撮影で、喜久雄の演技は清田監督から徹底的に否定される。何度やり直しても、喜久雄には「カット」がかけられ、挙句の果てに、喜久雄のせいで、撮影中止となる日が続く。清田監督の集中攻撃を受ける喜久雄に、誰もが同情する。しかし、それが連日続くと、喜久雄の失敗のせいで撮影が進まないと、キャストやスタッフも思い込むようになる。喜久雄も、自分の演技がどうしようもないのかもしれないと思い、監督に謝ることさえできなくなる。
 撮影現場全体が、喜久雄のせいでうまくいかないのだという雰囲気に支配される。そんな状況に追いつめられたある夜、喜久雄は何人もの男たちに部屋に踏み込まれ、暴行を受ける。喜久雄は、自分が大した役者じゃないから、こんな目に遭うのだと、抵抗さえしない。
 撮影が終わり、東京に戻った喜久雄は、連夜クラブで飲み潰れている。そんな喜久雄のもとに、『太陽のカラヴァッジョ』が、カンヌ映画祭で最高賞を受賞し、喜久雄の演技も高く評価されたとの知らせが入る。しかし、喜久雄はその知らせに「アホくさ」と応じただけだった。
 受賞のお祭り騒ぎに一切関わらないだけでなく、喜久雄はそれ以来体調を崩し、都内の病院へ入院してしまった。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第228回2017/8/22

 106回で、俊介の口から辻村の名前が唐突に出た。110回で、喜久雄と俊介の所に、梅木社長と一緒に竹野が現れた。だから、竹野が再登場すると、俊介、辻村の名が連想されるのだろう。

仮定
①俊介は、二度と世間に出て来れないような事情にある。
②俊介が二度と表の世間に出て来れないようなことをしたなら、死んでもおかしくない。
③春江は、俊介がどんな境遇にいても生き抜く力を与えている。
 どんな境遇にいても俊介を生かすため(163回)の人物が、春江なのではないか。

 現れるのは、どんな「怪猫」か?

 白虎は死に、幸子は我を失っており、喜久雄は舞台に立つ気力さえを失っている。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第227回2017/8/21

 竹野は、三友の社員でありながら現代の歌舞伎の在り方を、徹底的に批判していた。そして、今は担当者でありながら、テレビの素人参加番組の低俗さに、ほとほと嫌気がさしている。
 竹野は、興業サイドから、芸能に何を求めているのだろうか?


 「気色の悪い劇団」の「化け猫」? 演じている人物は??

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第回2017/8/20
 
 気になり、再登場を心待ちにしていた(206回感想)人物が出て来た。
 竹野、テレビ、こうなるとすぐ、喜久雄のテレビ出演を予想するが、そこにはもう一段仕掛けがあるかもしれない。

 前回の感想で、市駒を取り上げたが、春江と市駒の共通点に気づく。
①出生や生い立ちについては詳しく語られていないが、貧しい子供時代を送り、中学校卒業するかしないうちから、水商売の世界に身を置いている。
②自分の境遇に悲観をしている様子がない。それどころか、春江は売春をしてでも逞しく生きて行こうとしている。
③喜久雄に直感的に惚れこんでいる。だが、喜久雄と結婚し、家庭を作るという考えはない。
 これらの感覚は、昭和時代の女性の常識的な生き方と正反対だ。

 私は、俊介とともにいなくなった春江については次のように感じている。
 春江は、喜久雄を嫌いになったり、喜久雄から俊介に気持ちが移ったのではない。出奔前後の俊介が、喜久雄よりも、春江を必要としていたから俊介と一緒に身を隠したのだ。俊介の状態が落ち着き、春江も身を隠さなくともよくなれば、気持ちは喜久雄の所へ戻る。
 そして、喜久雄には、愛し愛される女性が何人いても不自然ではないと感じる。

このページのトップヘ