IMG_4602

犬と猫とうさぎの餌やり、それぞれのトイレ掃除。

庭と畑の草取り、花とベリーの準備。

新型コロナ感染予防のための緊急事態行動制限は、私とカミさんには、何の影響もなし。
普段と全く変わらないので。

今日も少しだけ、草木と土の準備が進んだ。
植物と動物のために生きているみたいだ。

写真は、4/4.。


DSC_3371
①ごはん 白飯 表1 4単位
②みそ汁 ナガネギ他
③納豆 表3 1単位
④卵焼き 表3 1単位
⑤サラダ 茹でモヤシ 蒸しブロッコリー 他
⑥おひたし コマツナ かつお節
⑥漬物 柴漬け

典型的な表3・2単位のメニュー。
特徴は、サラダ+コマツナのおひたし、更にみそ汁。
みそ汁は、具沢山、みそは薄味。
サラダは、ドレシングは使わず、アマニオイルを少量かけるだけで、野菜の旨さが生きる。
卵は、有機飼料の有精卵にしてから、一段と旨味が増した。
納豆と卵焼きで、白飯が足りなくなりそう。

IMG_4792



庭に出て、カメラを構えてシャッターを切る。
それができるようになるまで、時間がかかった。
なんとかできるようになった。

DSC_3369
①ごはん 白飯 表1 4単位
②みそ汁 ふのり ジャガイモ
③なます ダイコン ニンジン 
④おひたし 春菊 ツナ 表3 0.6単位
⑤サラダ 蒸しキャベツ キュウリ 他 魚肉ソーセージ 表3 0.5単位
⑥果物 キュウイフルーツ

おひたしのツナとサラダのソーセージで、表3 1単位。
シュンギクとツナはおもしろいし、白飯を進ませる。

自分の血糖値と食事と活動量の相互関係が見えてきた。
うれしい。

活動を抑えすぎると、許容範囲ながら血糖値が高めになる。
値が高めだと、ボウッとする。

活動が多すぎて、疲れのひどい状態になると、それはそれでまた低血糖か、高血糖のどちらかに傾く。
そんな場合、特に低血糖のときは、食べ物で補おうとしていた。
低血糖を理由に甘いものを摂るチャンスと、体と欲が反応していた。
強く反応して、ノンシュガーのものを盛んに口にした。

これで、血糖値と食事と活動量の相互関係が全くつかめなくなっていた。


どんな場合も、食事は交換表通りとしてからずいぶんと相互関係がシンプルになった。

↑このページのトップヘ