朝日新聞連載小説『春に散る』第36回
 「黒いスーツ姿の女性」と「広岡」の関係がだんだんとはっきりとしてきました。そして、それが、会話で表現されています。
女性はいくらかからかうような口調で言った。
 表情や動作ではなく、会話とその口調を書くことで、いろいろなことが説明できることが分かります。電話だと、口調は、なかなか伝わらないと思います。同様に、電子メールは、文章によるニュアンスを伝えるには、手紙とは別のものになるような気がします。
 この小説から、対面しての会話が、いろいろなことを伝えることに気づかされてきました。さらに、同じ言葉を口にしても、口調で伝わるものが違ってくることを考えさせられます。
 通信機器に使ってのコミュニケーションが便利さを提供していますが、同時に対面しての会話とその会話に含まれる口調の役割を忘れつつあると思いました。
 

 よろしければ、クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

朝日新聞連載小説『春に散る』第35回
 私が、誰かと久しぶりに会ったことがあるだろうかと思い出してみました。同窓会の類はほとんど行かないし、生まれ育った土地から遠くへ引っ越したということもないので、ほとんどそういうことはありません。
 珍しく出席した同じ職場のOB会に行き、30年ぶりくらいに会う人たちと話したことがありました。その折りもみんなそれなりに年を取った、人によって年の取り方には違いある、などと感じたくらいでその会が特別に楽しかった思い出はありません。いわゆる昔話をすることに興味を持てないからなのだと思いました。どうして、思い出話を楽しめないのかというと、自分でもその理由が分かりません。

 「広岡」は、試合後の会場で、「黒いスーツ姿の女性」と眼を合わせました。「広岡」の方からは、何も言わないのにその女性は、彼のことに気づきました。40年ぶりと言うと、この二人がほぼ同じ年齢として、10代で会っていても50歳代になっています。見ただけで、気づき会える年齢の限界に近いような気がしましたし、二人の交流はかなり緊密なものだったことが分かります。

よろしければ、クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 家族が買い、本棚に以前からあったのが、気になっていたので、読み始めました。上巻の半ばまでおもしろく読めました。
 ある時、目次の書き方が変なのに気づき、よく見ると、文庫の3巻本でした。我が家には、上下しかありません。近所の大型書店に行きましたが、この作品は置かれていませんでした。ないとなると悔しいので、ネットで注文して手にいれました。
 そのころから、なんとなく読みづらくなってきました。その最大の原因は、「吉里吉里語」の発音表記です。発音すればおもしろいのですが、漢字へのルビになっているので、老眼鏡が必要な私には負担です。
 そのうちに、登場人物の名前や行動の誇張表現をだんだんに楽しめなくなりました。

 地方の独立という設定そのものには興味があり、作者の考え抜かれた主張も見えるのですが、肝心のユーモアの部分を楽しめなくなると、この小説自体を読み進めることができなくなりました。
 新しくなった中巻を添えて、本棚に戻します。

朝日新聞連載小説『それから』第24回
 今までの回から、「代助」は旧時代の武士の生き方と考え方を嫌っていることが分かります。古い時代の考え方を嫌っているのと同様に、明治時代という新時代の実社会での生き方にも、興味を持てないことが分かりました。
 また、「代助」は、英語を理解して、英国や外国の文物に触れる機会が多かったことも分かりました。
 この回では、その「代助」が英国人が主催する園遊会で、その会や英国人と話し合うことに興味を持てないことが描かれていました。
 日本の古い時代の考え方も、日本の今の時代の考え方も、外国の文明も、そのいずれにも飽き足らない思いをもっている「代助」の姿が浮かび上がります。
 彼は、自分が強く興味をもてることをどの方向に見つけていくのでしょうか。 

 話題は変わりますが、106年前の日本人の英語に対する態度が出てきましたが、現代とあまり変わらないような気がしました。学校での英語教育を、会話中心にするというのが、昨今の流れだと思いますが、あまり変化は見られないような気がします。私は、英語圏の人が身近にいる時期もありましたが、今は英語を生で聞く機会は全くありません。こういう環境では、耳と口で英語を、というよりは、英単語を一つでも覚えて、簡単な英文を読めるという昔ながらの方法の方が役に立つような気がします。それを、実行するのは難しいのですが。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ  クリックがはげみになります。

朝日新聞連載小説『春に散る』第34回
 チャンピオンが挑戦者をノックアウトしました。あの女性のうなずきがきっかけになったと読めます。この回では、そのことには触れられていません。
 
 文章は、書かれていることだけを読むのではおもしろくないのです。小説は筋の展開だけを追うのではおもしろくないのです。書かれていないこと、ストーリーの伏線になること、それらを読み取るところにおもしろさがあるのでしょう。だから、新聞連載小説の1回分についてだけでも、読み手の数だけ読み取り方が出るものなのです。だから、読書感想も読者の数だけあるはずだと思います。

 「広岡」が日本に帰ってきた目的は、ボクシングの世界でこの「黒いスーツ姿の女性」がしている役割と、重なるもののような気がします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ クリック、おねがいします。

↑このページのトップヘ