初めてこの番組を視聴しました。『なまさだ』、しかもスペシャル、5時間。さすがに、体力がないので、「ろくさだ」で。録画でみることをこういうらしいのです。  今までは、さだまさしに特に興味あったわけではないのですが、入院中に聴いたさだまさしのCDが気に入りました。それから少し気になるようになり、NHKFMの『今日は一日さだまさしざんまい』を、録音で聴き、『なまさだ』のことを知りました。  5時間、おもしろかったですよ。視聴し終わるのに3日間かかりましたけれど。  さだまさしという個性で、統一がとれているので、生番組で長時間なのに、安心して気を楽にしてつきあえました。 ゲストで出演するタレントは、皆その世界で実力のある人なので、その芸、技量が楽しめました。  それにしても、さだまさしという人の番組を創る力、段取りを決め、その段取りにそって演じる力はすごいと思いました。だから、歌だけでないライブステージがあれだけの人気になるのでしょうね。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ 続きを読む

 今注目されているミュージシャンのことはさっぱり分かりません。テレビでも歌番組が少なくなったせいか、新しい曲や歌手のことを聞くのは、せいぜいラジオを通してです。ラジオで流れてくる新人とされる人々や、その曲もそうとうに長い間有名でないと、覚えることができないのが今の私です。  もともと、音楽への興味はそれほどないのですが、坂本九・上を向いて歩こう、石田あゆみ・ブルーライト横浜、ベンチャーズ・ウォークドントランなどは、検索をして確かめなくとも出てきます。年代によるのでしょう。  これは、好きな本についてもあてはまるようです。  最近の流行作家については、さっぱり頭に入ってこないなあ、と思っていたら、『吉里吉里人』に次のような部分がありました。 洋書といってもよく見ると松本清張や司馬遼太郎や野坂昭如や大江健三郎や丸谷才一や筒井康隆など日本語の本ばかり、  吉里吉里人国営食堂内の購買部の書籍コーナーのこととして書いてありました。  最近書評などに取り上げられる作家はなじみのない人の方が多いのですが、ここの6人の方々は、私にとってドンピシャリ、名前がわかるだけでなくて、作品のいくつかは読んでいます。その本を買って、私の本棚に今もあるものもあります。  時代を写して注目をされた作家、そして、流行し注目された作家に共感することができる読者の年代というものがあるのでしょう。  にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 続きを読む

(前略)いったいどこから書き始めたらよいのかと、記録係(わたし)は、だいぶ迷い、かなり頭を痛め、ない智恵をずいぶん絞った。  『吉里吉里人』を読み始めました。  小説の始めで、上のような表現があります。この小説の書き出しをどこから始めるかで、作者は、何通りものことを書いていました。  小説の冒頭には、作者はずいぶんと工夫するのでしょう。その工夫する所ですから、いちいち迷ったことを書かないで、これはと思ったことから、ズバッと書き出したらどうでしょう。 にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 続きを読む

 うちにオレオレ詐欺の電話がかかってきたことがありました。「オレ」の当人がうちにいたので、だまされることはなく、終わりました。  『所さんの目がテン!』で実験をしたら、実験をされた人たちは、詐欺電話にだまされてしまっていました。こういう実験のVTRは、編集されていて、結果がはっきりと出るようにはなっているのでしょう。それにしても、やっぱりだまされてしまうんだ、ということは分かりました。  番組の中で、ニセ息子にだまされなかったお母さんが一人いました。  番組では、このお母さんが、犯人役の説明に疑問を持ったことと、切迫した話の内容にのらなかったことが、だまされなかった理由とまとめていました。  このお母さんの話し方を聞いていて、気づきました。だまされなかたお母さんは、いつもの自分と息子の会話のペースをとりもどしたのです。つまり、ニセ息子に、言いたいことだけを言わせず、いろいろなことを尋ね始めたのです。  いくら急ぐ用件でも、相手の言いたいことだけを聞いていないで、こちらも何かを言ってみること、これがどんな場合もあるとよいと思えます。  もしも、家にまたあやしい電話が来たら、次のように言おうかな、と思います。 「オレオレ、オレ○○だけど、とっても急ぐことを起こしちゃってさ。………。」 「ああ、そうなの。わかった。お金はなんとかするよ。」 「ありがとう。助かるよ。○○へ、○○という人が行くから。」 「わかったよ。その通りにするよ。ところで、頼んでいたアレはどうなった。」 「アレってなんだよ。」 「アレったら、アレだよ。」 「今、急ぐから、後で、返事するよ。」 「急ぐのは、分かったけど、アレも急ぐんだよ。どうなったかだけでいいから、今返事してよ。」 「………」  「オレオレ」には「アレアレ」で対抗してみようかな。  だまそうとするやつらの手口は、どんどんずるがしこくなるから、そうはうまくいかないとは思うけど、言いたいことだけ、用件だけを聞くということを止めた方がよいのじゃないか、と思うことがあります。  オレオレ詐欺対策だけでなくて、相手に、言いたいことだけを言わせない、こちらもいろいろと聞いてみることをしよう、と思います。 にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 「読書をしたくなるような曲を教えてほしい。」なんて、無理な話でしょう。音楽を聴いて、本を読みたくなった、なんて、そんなことないです。  でも、手術後のだんだんに体力が戻ってきたときは、それに近いことがあったかもしれません。手術の後、何日か経つと、眠っていたり、うつらうつらしている時間が短くなり、ラジオを聴くようになり、テレビを見るようになり、そして、本を読んでみようかという気になりました。ラジオで聴く音楽が、読書を誘ったのか、とも思いましたが、それは考えすぎでしょう。  「読書をしたくなるような曲を教えてほしい。」というリスナーの便りに、番組の中で「ゴンザレス三上」さんが次のように答えていました。 そんな曲を選ぶのは、不可能だと思うけれど、細部が気になるようなナイーブな曲、演奏を選んでみました。 選んだ曲は、ステファノ・ボラーニ 『ドント トーク』 というような内容でした。  なるほど、きれいなピアノ演奏でした。なんとなくたよりなさげで、それでいて、細かい部分も丁寧にしあげられた曲で、演奏もそういう感じでした。  全体がおもしろく、細部も楽しめる、読書も音楽も共通するところなんでしょう。  それにしても、このリスナーの注文は、思いも付かないものでした。   にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ