本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

予想1 千五郎は、喜久雄を大役につける。三代目半二郎は、悪役としての世間のイメージを逆手に取って、この役で大いに注目される。予想2 喜久雄の人気が上がったこともあって、俊介のその後の公演はますます評判となる。予想3 彰子は、何事もなかったように婚約者と結婚す…
>>続きを読む

 朝に読んで、展開の意外さにびっくりした。同時に、喜久雄の策略をすんなりとは受け入れられなかった。 策略で女を抱いたのも、喜久雄にとっては生まれて初めてのことでございます。 それもこれも吾妻千五郎からの後ろ盾ほしさ。愛してはいない。しかし歌舞伎のためなら
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第272回2017/10/6  市駒になんて言うんだ。綾乃はどうなるんだ。それもあるが、東京の歌舞伎の舞台で一からやり直すと言っていた決心はどこへ行ったんだ。  が、この方が、いかにも喜久雄だ。綾乃と遊び、市駒や徳次と穏
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第271回2017/10/5 その1 女子大生、牛乳だけの朝食、庭でゴルフスイング、「ママ」、ようやく昭和を代表するような家族が登場した。そうそう、昭和の私たちは、国立大学の学歴を最高の価値と感じていた。 同じ時代で、同じ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第270回2017/10/4 春江、市駒、洋子、喜久雄が好きになった人だ。誰を一番好きか、は野暮な疑問だ。結婚相手、遊び相手、という分け方も喜久雄には通用しない。 この作品の世界では、本命、二股、不倫相手などという昨今の
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第32回2017/9/1 第7話 権現様の弟、旅に出る②あらすじ 壮介は、久しぶりに神楽を舞うことに自信もなければ、気も進まない。しかし、神楽のリーダーで幼なじみの司朗に説得
>>続きを読む

 マツは、喜久雄の実母千代子を懸命に世話した。あらすじ 第二章 幸子は、俊介が姿を隠しているのに、喜久雄の子を生む市駒の世話をした。あらすじ 第七章   マツは、恨まれてもしかたのない千代子に尽くした。幸子は、憎しみを感じている喜久雄のために市駒の世話を
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第269回2017/10/3 春江は動揺を隠す。 幸子は嫌な予感を持つ。 お勢は「なんや、しょぼくれたお爺(じい)ちゃんですわ」と囁く。 俊介が戻ってくれて、跡取りの一豊ができ、新宗教から抜け出した。東京で、春江とともに
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第268回2017/10/2 いったい、俊介は、発見されたことをどう受け取っているのか。 竹野に感謝している様子はない。かと言って、竹野が画策している復活劇を嫌がっている様子もない。だいたい、竹野が企てていることを知って
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第32回2017/8/25 第7話 権現様の弟、旅に出る①あらすじ 盛岡の支社にいる青木壮介は、東京の本社に戻る塚越君の送別会の幹事をしている。この送別会の翌々日に、壮介は休
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第267回2017/10/1 同じ藤川教授が、喜久雄と俊介の『娘道成寺』を観た時には、次のように言っていた。「(略)一瞬、自分が江戸時代にいるのかと錯覚したくらいですよ」(109回)109回感想 さらに、喜久雄と俊介の南座出演
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第266回2017/9/30 風向きが変わって来たように感じる。竹野の思惑通りには進んでいない。 この劇評では、半弥よりも万菊の方が高く評価されている。それに、竹野や万菊は、俊介復活の演目としては、『加賀見山旧錦絵(かが
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第265回2017/9/29 三代目半二郎の反応は、見事だった。「そんなわけないだろ!」 そう叫び返そうとした自分の声が、たった今、駐車場に反響した記者の声と、まるで一緒なのでございます。 俺は、役者だ。こんなところであ
>>続きを読む