本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第27回2017/1/28 階下へ降りる時の靴下、タバコの銘柄、はしごのような階段、貧しくてすさんだ暮らしぶりを、見事に描いている。 喜久雄は、春江の母に厄介者扱いされていることが分かる。中学生の分際で、娘の男であり、しかも転がり込ん…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第26回2017/1/27 オリンピックが二か月前というのだから、昭和三十九年の大晦日、つまり、権五郎が撃たれた時から一年が過ぎようとしている。 喜久雄は、春江の家に転がり込んでいる様子だ。その春江の家の貧しさが描かれている。 権五郎
>>続きを読む

1~14回 長崎の名門料亭花丸では、立花組の新年会が盛大に開かれた。立花組組長の権五郎は、今や長崎の仁侠世界で実質的に一番の親分である。 招かれた親分衆の中に、見かけぬ顔があった。それは、愛甲会の若頭が連れて来た歌舞伎役者で映画俳優の二代目花井半二郎であった
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第3回2017/1/20第1話 えりちゃんの復活③あらすじ オスプレイ嵐山(鶚)を応援することに嫌気を感じ始めているヨシミは、不振が長引く鶚を応援し続けている人たちがどんな気持ちなのか
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第25回2017/1/26 登場人物の動きの描き方が巧みだった。 辻村の動きになんとなく不信感を持たせる描写がなされていた。※前回の感想   辻村が権五郎を撃った現場を見ているのは、花井半二郎だけのようだ。 その場の様子から、半二郎は
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第24回2017/1/25①辻村と半二郎は、権五郎が逃れてきた二階の座敷に襖を開けて現れた。(23回)②権五郎が、奮戦している最中、辻村は半二郎をさらに奥の座敷に逃がす。③半二郎が権五郎の大暴れを襖の隙間から覗いている時に、辻村は半二郎
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第23回2017/1/24 連載の毎回に感想を書いていると、作品の設定と伏線に眼が向く。  【設定】 立花組の新年会は、老舗の料亭で開かれていた。  これは、立花組、権五郎が圧倒的な力を持っていることを示している。ヤクザの世界だから、
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第22回2017/1/23動きを失った二人の男たちのまえで、雪を染めた熱い血から湯気が立っております。 この文の文末が「湯気が立っている。」となっていたら、その場の様子が生のまま伝わってくる。「おります。」になると、離れた所から静かに
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第21回2017/1/22 息つかせぬ展開! 挿絵(束 芋・画)第2回の華やかな座敷が、今は凄惨な場となっているに違いない。この挿絵の華やかながら、どこか不穏な空気が、小説の流れにいかにも沿っている。 予想してみる。 新年会で、一人息
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第20回2017/1/21 おもしろくなってきた。 極道たちの新年会の面々を釘付けにした踊り手の少年を、華奢で美しいとイメージしていたが、完全に覆された。華奢などころが、もう一端の男だ。 中学生のワルかともイメージしたが、それもそんな
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第19回2017/1/20 小説の設定では、新年会が昭和三十九年、この年に喜久雄が十四、徳次が十六、とある。(16回)そうすると、喜久雄は、昭和二十五年前後の生まれということになる。 あくまでも小説の設定だが、私は徳次とほぼ同じ世代にな
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第2回2017/1/13えりちゃんの復活②あらすじ CA富士の試合を観に行くのを楽しみにしているえりちゃんに比べ、ヨシミは気分が乗らない。ヨシミがオスプレイ嵐山(鶚)の試合を観に行き始
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第18回2017/1/19 居場所のない若造が、極道の道に入るよくあるパターンだ。 ただ、この徳次には特徴もある。先ず、同じようなチンピラと徒党を組んでいない。また、弱い者へ暴力を振るったり、恐喝したりはしていないようだ。手先の器用さ
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第1回2017/1/6第1話 えりちゃんの復活①あらすじ えりちゃんから、ヨシミに、「サッカー観にいこうよ」と連絡が来た。それは、鶚対CA富士の試合だった。 えりちゃんは、ヨシミの年下
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第17回2017/1/18 徳次の父は華僑で行方知れず、母は芸者で、徳次五歳の時に亡くなった。今の徳次には、親分の権五郎以外に頼りになる人はいない。その親分の一人息子喜久雄は、徳次にとっては正に恩ある人の「坊ちゃん」だ。だが、徳次は喜
>>続きを読む