本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第207回2015/10/30 この条件なら、乗り気になる。 広岡は、アメリカに戻っても、つながりのある人がいるのではないし、これから先の計画もない。だとすると、日本にこのままいるのだろう。その日本でつながりのある人と言えば、元ボ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第26回2015/10/29 明治時代のことをずいぶんと身近に感じるようになった。時代ばかりではなくて、夏目漱石を身近に感じるということなのかもしれない。 医者にかかる際の感覚や、思うことが、主人公と同じだなあと思う。 中央集権の国家体
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第206回2015/10/29 幽霊の存在を信じるか、信じないかといわれたら、私は信じない。ただし、幽霊そのものは実態としての存在があるものとは思えない。実態としての存在がないものとしてだったら、あることもいることもあるのだろう。
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第25回2015/10/28 宗助は、どんなことなら全力で進めるのか。 仕事は真面目に勤めている。だが、それに打ち込んではいない。打ち込むどころか、嫌々ながら諦めて働いている。 家族のことといっても、妻と弟だけで、弟のことを心配している
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第205回2015/10/28 不動産屋にとっては、どうにもしようのない物件に違いない。また、普通の人も、そういういわくつきの中古住宅は、いかに条件がよくても二の足を踏むだろう。 だが、広岡のような目的にとっては、それほど問題にな
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第24回2015/10/27 身内の自慢は見苦しい、と言われている。この回を読むと、なるほどと思う。佐伯の叔母は、息子の自慢をしているつもりはないのだろう。だが、息子の学歴、職業など自慢になっている。そして、それは虚しいものにしか聞こえ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第104回2015/10/27 この家がこれから意味をもってきそうだ。 この事件の真相解明に広岡がかかわってくるとは、さすがに思えない。事件についてはこれ以上発展はしないが、この3年間空き家になっている家と広岡が関係してきそうだ。
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第23回2015/10/26 夫婦には、生活を共にする人間同士としての能力が必要だ。それは、恋愛関係に必要とされる人間同士の能力とは違うものだろう。違うというか、恋愛関係が成立した人間同士に、さらに付加されることを求められる能力だろう。
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第203回2015/10/26無料の簡易ホテルのようなものかもしれない。 広岡のイメージしていることがようやく見えてきた。 入居と退居が自由にできる。しかも、無料の宿泊施設ということだ、そして、利用者は元ボクサーを対象に考えている
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第202回2015/10/25 進藤という登場人物のことはまだよく分からない。しかし、佳菜子の話からは、妻子がいて元気に仕事をしていて表面的には安定した生活を送っている。それどころか、妻との仲はよさそうだ。仕事の不動産業の方も小規
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第22回2015/10/23 宗助にしてみれば、弟から激しく責任を追及されたのと同じであろう。普通なら、兄として弟を心配しているのに、その自分を差し置いて、安之助に頼み込むなぞはもってのほかと怒るところだ。 ところが、これだけ弟の小六か
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第201回2015/10/24 シェアハウスが英語だと思っていたら、和製英語だった。だから、広岡にはピンとこなかった。今や下宿は、死語になり、シェアハウスは私でも知っている語になった。でも、間借りや下宿と、シェアハウスなるもののど
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第21回2015/10/22 宗助は、頼りない人だ。 叔父に任せて、父の遺産を食いつぶされてしまった。遺産の中からの弟の学資を守ってやることもできなかった。さらに、学資がなくなった弟を援助しようという強い気持ちも、その力もなかった。 も
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第20回2015/10/21 御米はずいぶんと淡白な性格だと感じた。 明治時代であっても、夫の財産にはもっと関心があっても当然だろう。ましてや、小六の学資のことは、夫婦の家計に響くことになりそうなのに、夫を問い詰めるようなことを、御米は
>>続きを読む