本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第43回2017/2/14 「長崎ブルース」「長崎は今日も雨だった」どちらも好きだ。でも、この曲が好きだったとは人前では言わない。ベンチャーズやローリングストーンズの曲を好きな曲としてあげる。 青江三奈、クールファイブは、ひっそりと一…
>>続きを読む

朝日新聞記事「生き方」より「在り方」 沢木耕太郎さん「春に散る」に加筆し書籍化2017/1/26 この記事に紹介されている沢木耕太郎の言葉が、気になっていた。 『国宝』に、「彫師の辰」のことが出て来て、再び思い出した。『春に散る』と『国宝』が描いている昭和生まれの
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第6回2017/2/10第2話 若松家ダービー①あらすじ登場人物若松家 供子(母)  仁志(父)  圭太(長男 高一)  真貴(圭太の妹 小五)フナこと舟井倫明(泉大津ディアブロのDF)
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第42回20172/12 鳶職だった男は、一兵卒として戦場に送られた。男は、サイパン島で、組織的な戦闘が終わってもなおゲリラ戦を行わされた。男は、ジャングルの中で無数の蟻にたかられた。男は、爆弾で片足を失った。男は、米軍の捕虜となっ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第41回2017/2/11 女形の舞にふさわしい体型だということが、描かれていて、気になった。(略)少年の背中が華奢なせいか(略) 喜久雄のことを「少年」と書いたのも初めてではないか。 春江という女がいて、殴り込みの時には自分も駆けつ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第40回2017/2/10喜久雄を育て上げましたマツは、権五郎の後妻でありまして、実母というのは喜久雄が二つのころに亡くなっております。(39回)(略)幼子ながらも、そこで寝ている実の母を魔物か何かのように恐れていた記憶もございます。(
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第回2017/2/9  喜久雄が二歳のころというのだから、実母の思い出はほとんどないであろう。また、病気の母がいるのに、父が新しい女マツを家に入れていたことについても、幼過ぎて特別な考えは持たなかったであろう。だが、父が死んだ今は
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第38回2017/2/8  親分の一人息子なのに、撃ち殺された親の敵討ちをしようとしない。それどころか、ガキ同士の喧嘩で負ける。おまけに、大晦日の夜なのに女の所でくすぶっている。喜久雄のよい所と言えば、歌舞伎舞踊が見事だったことだけ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第37回2017/2/7 徳次の真剣さが、春江の言葉に顔も上げない描写から伝わる。 一方の、喜久雄もまたいい加減な考えでないことが分かる。 煙草の空き箱の傘のことを、どうして詳しく書くのかと思った。徳治がいくら力を込めて、敵討ちの計
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第回2017/2/3第一話 えりちゃんの復活⑤あらすじ 試合は、両チーム得点なく、ハーフタイムに入った。えりちゃんは、富士の選手について細かい動向を話せるほどになっていた。ヨシミは
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第36回2017/2/6 煙草の空き箱で作った傘、覚えがあるなあ。どこで、見たかは忘れた。いや、昭和の頃の居酒屋か寿司屋だった。居酒屋と言っても、チェーン店などではなく女将一人でやっているような居酒屋だった。 徳次の無鉄砲さにもなん
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第35回2017/2/5 権五郎は宮地の組員に撃たれたと思っていれば、敵は、撃った組員であり、それを指図した宮地の親分だ。宮地組は解散していても、宮地の元大親分は生きている。 徳次が敵討ちと言っているのは、権五郎を撃った組員と親分を
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第34回2017/2/4 小説の文章には出てきていないが、徳次は、権五郎親分の恩を心から感じていたと思う。そうでなければ、ここまで喜久雄を守ろうとはしないはずだ。 十六歳であるが、今までの徳次の人生は過酷であった。それだけに、自分の
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一第33回2017/2/3 文章では、表現が困難な乱闘の場面だ。試しに、徳次と喜久雄の視点から前回と今回の動きを箇条書きにしてみた。【徳次の視点から】 いきなり、ニッキの譲治に顔面を殴られる。鼻血を抑えて蹲る。ニッキの譲治に、背中を雪
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第4回2017/1/27第1話 えりちゃんの復活④あらすじ ヨシミが目を止めた男性は、初対面のヨシミを宅飲みに誘った男だった。それは、鶚が不甲斐ない負け方をした日、おかしくなっていたヨ
>>続きを読む