本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

当ブログを訪問してくださり、ありがとうございます。
予定より早く、2017/5/18より更新を再開しました。

Bのえんぴつ

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第34回 「代助」の言葉を、私は次のように受け取りました。 働く目的が生活のためだけであれば、その仕事を誠実にやることはできない。仕事そのものより、得ることができる収入の方が大切になるからだ。そうなると、誠実に働くことよ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第48回 「広岡」は、不動産屋でまったく信用されません。店主が次のように言いました。「ひとり暮らしの老人は、特にしっかりした保証人がいないと、どこの大家も貸したがらなくてね。それでなくても、寝こまれたり、死なれたりして
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第33回 「代助」の考えは次のようなものでした。 今の日本は西洋に追いつこうとして、無理ばかりしている。国のこのような姿勢は、国民一人一人に影響していて、国民は目の回るほど働かなければならなくなっている。日本国中どこを見
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第47回 「今朝も寒いですね。」「これから散歩ですか?」ご近所の方の顔を見ると、こう聞かれるだろうと予想してしまいます。相手の方は、私からの返事をなんとなく予想しているのでしょう。 日常の会話とはそういうものです。 け
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第46回 生まれてから一度もアパートの類に住んだことがありません。そんな私が「ワンムール」という不動産物件の言葉を聞いたときは、なんとなく一部屋を借りるのだろうと思っていました。 友人が、ワンルームマンションに住み始め
>>続きを読む

『病床六尺』 正岡子規 子規は、次のように書いています。 病気が重くなってくると、いろいろな問題が起こる。「死生」の問題は大問題だが、いったんあきらめてしまえば解決されてしまう。それよりも、大きな問題は病人の家族の問題だ。家族がどのように看護してくれるか
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第45回 たまに昔の写真を見ると、若い頃は、現在よりも生き生きした外見だったことが分かります。個人の中でだけ比べると、若い頃の方が少なくともツルンとしています。おかしな気負いや恥ずかしい服装やポーズもありますが、それで
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第32回 退職してからは、酒を飲むのも家が多くなりました。この頃は酒を飲んで話をする機会は本当に減りました。今は、家で飲むこともしません。 若い頃は、議論というのに当てはまるかどうか分かりませんが、自分から進んで友人や同
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第44回「あいつらの住所、どうしたらわかりますかね。」 主人公の一言です。今までは出てこなかったことです。過去のボクサー仲間についても、その後の彼らについてどう思っていたかも。 こういう一言が出るということは、主人公の
>>続きを読む

ラジオNHK第一 大相撲中継 テレビで相撲の中継を見ることはほとんどありません。ラジオだと聞くことがあります。 先日、カーラジオで、偶然に白鵬と逸ノ城戦を聞きました。立ち会う寸前まで、落ち着いて、白鵬の優勢を解説者と伝えていたアナウンサーが、一瞬間、何も言い
>>続きを読む

病床六尺 正岡子規 毎朝、テレビで国際ニュースを見ます。新聞を読みます。インターネットも使います。 それなのに、世界への関心が広がっているかというとなんともいえません。世界への関心どころか、国内の出来事と地域の出来事に敏感になって、それについて物事を考え
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第43回 退職しても、仕事をしていた頃の人たちと交流することを大切にしている人もいます。学生時代の同級、同窓の関係を大切にしている人もいます。幼なじみとのつながりを切らないようにしている人もいます。 私は、そのどれもあ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第31回 この回の「代助」が自己についての考えるところを読み、私自身のことで、次のようなことを思いました。 自分のことを価値のある人間だと思ってきました。そして、自分のよい所を他人から認められるように努力をしてきました。
>>続きを読む

『薬のいらない体は酵素がつくる!』 鶴見隆史 自分で、選んだ本でも、勧められた本でもありません。妻が、私の病後の食事のために、食品栄養素の本を選ぶときに、何かの参考になるだろうとついでに買った本でした。私は読もうと思っていませんでした。 退院後は、自分で
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第30回 「平岡」は、自分が失敗していないのに仕事を失っていました。また、最近我が子を亡くしています。その上、学歴と意欲があるのに、次の就職先は思うように見つかっていません。 「代助」は、そんな「平岡」がいらついた態度で
>>続きを読む