本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第28回2015/11/3 子供ができたのではないか、と思い、御米に訊ねた時の宗助には喜びが見える。 御米は、それを聞かれて、宗助とは逆に非常に悲しそうな様子をしている。御米はたった一人寒そうに、鏡台の前に坐っていた。はいといって立った…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第211回2015/11/3 映画に一緒に行った頃までは、佳菜子が広岡のことを知りたがって、いろいろと質問していた。今度は、広岡の方が彼女のことを知りたがっている。社長は、わたしの…知り合いの弁護士さんのお友達だったんです。 こ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第210回2015/11/2この若い女性の内部には極めて敏感なセンサーのようなものがあり、それを自分で扱いかねているところがあるらしい。 今までも何度かこのことは出てきた。初対面の広岡に対しての佳菜子の印象も、このセンサーような
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第209回2015/11/1車は小さいが、極めて乗り心地がよかった。 乗り心地や操縦安定性を車の性能のせいにするが、運転の仕方の方が重要だ。燃費も運転の仕方とどこを走行するかで決まる。 どんなに優れた自動車でも、一定の速度を維持
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第208回2015/10/31「こちらは早ければ早いほど」 広岡は、案外急いでいる。他にすることがないからもある。だが、それだけではない。 昔の仲間3人ともが、住む所にも苦労していると知った今、彼にできることは、家を準備することし
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第27回2015/10/30 小六のことはどうもうまくいきそうもない。叔母と安之助は、これ以上小六の面倒をみようという気がないのだろう。そこには、亡くなった叔父が小六のための学資をも使い込んだことへの反省はちっとも感じられない。 叔母と
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第207回2015/10/30 この条件なら、乗り気になる。 広岡は、アメリカに戻っても、つながりのある人がいるのではないし、これから先の計画もない。だとすると、日本にこのままいるのだろう。その日本でつながりのある人と言えば、元ボ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第26回2015/10/29 明治時代のことをずいぶんと身近に感じるようになった。時代ばかりではなくて、夏目漱石を身近に感じるということなのかもしれない。 医者にかかる際の感覚や、思うことが、主人公と同じだなあと思う。 中央集権の国家体
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第206回2015/10/29 幽霊の存在を信じるか、信じないかといわれたら、私は信じない。ただし、幽霊そのものは実態としての存在があるものとは思えない。実態としての存在がないものとしてだったら、あることもいることもあるのだろう。
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第25回2015/10/28 宗助は、どんなことなら全力で進めるのか。 仕事は真面目に勤めている。だが、それに打ち込んではいない。打ち込むどころか、嫌々ながら諦めて働いている。 家族のことといっても、妻と弟だけで、弟のことを心配している
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第205回2015/10/28 不動産屋にとっては、どうにもしようのない物件に違いない。また、普通の人も、そういういわくつきの中古住宅は、いかに条件がよくても二の足を踏むだろう。 だが、広岡のような目的にとっては、それほど問題にな
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第24回2015/10/27 身内の自慢は見苦しい、と言われている。この回を読むと、なるほどと思う。佐伯の叔母は、息子の自慢をしているつもりはないのだろう。だが、息子の学歴、職業など自慢になっている。そして、それは虚しいものにしか聞こえ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第104回2015/10/27 この家がこれから意味をもってきそうだ。 この事件の真相解明に広岡がかかわってくるとは、さすがに思えない。事件についてはこれ以上発展はしないが、この3年間空き家になっている家と広岡が関係してきそうだ。
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第23回2015/10/26 夫婦には、生活を共にする人間同士としての能力が必要だ。それは、恋愛関係に必要とされる人間同士の能力とは違うものだろう。違うというか、恋愛関係が成立した人間同士に、さらに付加されることを求められる能力だろう。
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第203回2015/10/26無料の簡易ホテルのようなものかもしれない。 広岡のイメージしていることがようやく見えてきた。 入居と退居が自由にできる。しかも、無料の宿泊施設ということだ、そして、利用者は元ボクサーを対象に考えている
>>続きを読む