本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

朝日新聞連載小説『それから』第23回 「代助」は、自分のことを次のように振り返っています。三、四年前(ぜん)、平生(へいぜい)の自分が如何(いか)にして夢に入(い)るかという問題を解決しようと試みた事があった。そのことを、追求して眠られない自分を、つくづく…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』第32回 この回で、「広岡」が日本に帰ってきた目的の一部が出てきたような気がしました。「広岡」は、どんな対戦か、知らず、ボクシングの試合を観戦します。その試合は次のように描かれていました。長身のチャンピオンは、サウスポー、左利き
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』第31回 この回でも、前回に続いて、通りすがりの人と言葉を交わした場面が出てきました。 毎日の生活は、このような短い言葉のやりとりで、人と人との関係が成り立っていると思えてきます。  私の入院経験では、看護師さんとの会話が人と話
>>続きを読む

新聞連載小説『春に散る』第30回 会話を文章にするのは、難しいと思います。話された言葉を正確に書いても、それは速記録であって、会話を文章にしたものではないのです。だから、プロの作家でも会話を表現するというのは、苦労すると思います。 この回では、主人公が訪れ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』第22回 親しい人が困っていたり忙しかったりすると、なんとか手伝いたい気持ちになります。だが、実際に世話を焼いてもよいことはないし、かといって口でああだこうだ言うだけではもっとよくありません。相手が迷惑に思うことなど気にせずに、
>>続きを読む

朝日新聞連載小説 『春に散る』第29回 この小説では、およそストリーには関係がないような描写が出てきます。この回では、ホテルのコンシェルジュの役割をしている若い女の様子にかなりの紙数が使われていました。でも、それは、余計な表現ではありません。40年ぶりの来日
>>続きを読む

朝日新聞連載小説 『それから』第21回 金持ちだけど、自由になるお金はない。こういう人はいるものです。「代助」は、生活費には全く困らないけれども、自分の自由になるようなまとまったお金のないことが分かりました。 また、「三千代」という女性を巡って、「平岡」と
>>続きを読む

朝日新聞連載小説 『春に散る』第28回 目的地を観光するだけが旅の楽しみではありません。目的地までの車窓や飛行機からの風景だけが旅の楽しみではありません。ましてや、おみやげを買うことだけが楽しみであるなんて、私には理解できません。 自宅を出て出合う物と出会
>>続きを読む

 『心』を読んで自分なりに「生まれることと死ぬこと」について考えてみました。普段の日常の出来事として考えてみると、この二つのことは違いがあります。 今の私の日常では、「生まれること」が身近で起こることは多くありません。一方、もう一つのことはかなり数多く起
>>続きを読む

朝日新聞連載小説 『それから』第20回 「代助」が、特別な思いをもっている女性が登場しました。それが、今は「平岡」の妻となっている「三千代」です。 この人に対する「代助」の気持ちは、この回では何も描かれていません。しかし、「三千代」の容姿については、詳しく
>>続きを読む

朝日新聞連載小説 『それから』第19回 「代助」の生活と考え方には、前回まではなじめませんでした。あまりにも恵まれすぎているし、周囲の人たちを見下しているような態度が感じられたからです。でも、この回でその感じ方が変わり始めました。 「平岡」の様子が次のよう
>>続きを読む

朝日新聞連載小説 『春に散る』第26回 成田に着いた「広岡」の行動が丁寧に描かれていました。空港からホテルへ向かうバスの表現です。  まだ暮れきっていない時間帯の、薄紫の闇の中をバスが走っていく。 その場面の時間帯、風景のイメージ、それらが目の前に広がって
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』第25回 舞台は一挙に日本の成田空港に飛びました。 40年ぶりの日本なのに、「広岡」は、何のみやげも持っていません。空港に出迎える人は誰もいません。キーウェストに行ったときと同じ格好でした。  海外旅行にボストンバッグを一つだけ
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』第24回 「広岡」がアメリカでの手術を断った理由が分かってきました。 それは、「日本に帰ろうと思うんです。」という気持ちからでした。でも、その日本に帰りたいという思いは、懐かしさと故郷恋しさだけではないようです。どうして日本に帰
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』第18回 「代助」は普段は何をしているのでしょうか。 今までの回から分かることは次のようなことです。本を読む、芝居を見に行く、絵を見に行く、家で特に何もせずに過ごす、そして日常の雑事は婆さんと書生にさせています。 一方、友人の「
>>続きを読む