本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2015年07月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第111回2015/7/23 「夢」という語が、将来実現したい願いや理想の意味で使われるようになったのは比較的新しい、という分析を読んだことがある。 私は、「夢」を願いや理想の意味で使うのは今でも抵抗がある。「夢」とは寝ている間…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第78回2015/7/22 「代助」の意図が分からない。 「平岡」とは、肝心の話はできなかった。しかし、もし「代助」の思うように話が進んだらどうなるのか。 「平岡」が妻に気を配るようになって、今よりも妻に優しくなったとしよう。そう…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第110回2015/7/22 「広岡」は、日本に帰って来て、今までに明るい話題に巡り会っていない。幸せな暮らしをしているだろうと期待をしていた「佐瀬」の様子にも、少しの明るさも感じられない。 しかし、刑務所で「藤原」と面会し、す…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第77回2015/7/21必竟は、三千代が嫁ぐ前、既に自分に嫁いでいたのも同じ事だと考え詰めた時、彼は堪えがたき重いものを、胸の中に投げ込まれた。 結婚する以前に、「三千代」は「代助」を深く愛していた。ところが、「代助」の「三千代…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第109回2015/7/21「生きてたか」 このせりふがおおげさでない場合がある。混乱の世相や時代の場合。もうひとつは、年齢。今の日本は、時代は安定しているが、年齢的にはこのせりふが当てはまる人は多い。 特に私の年齢の男性は、数…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第76回2015/7/20 「代助」は、「三千代」を「気の毒に思った。」と改めて自覚している。「気の毒に思った。」と4回重ねて書かれている。 結婚する前の「三千代」を好きだった。しかし、友人と彼女の結婚を止めることはしなかった。 …
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第108回2015/7/20 「佐瀬」にはまだ会っていない。だが、農村地帯で、農業をやっていないというのはただ事ではない。どうも今までの様子では、「佐瀬」は、かなり肩身の狭い暮らしをしているのではないか。 そういう意味では、都会…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第107回2015/7/19 私の住んでいる地域から車なら気軽に行ける所に知り合いの農家がある。そこに行くと、とにかく新鮮で安心な米と野菜を分けてもらえるので、よく行く。 そこは、山間部でも、交通の便の悪い地域でもない。ただ、農…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第106回2015/7/18 「広岡」と一緒に短い列車の旅をした気分だ。 車窓からの風景を描くだけでなく、そこに住む人の暮らしを考える。車内の乗客の様子を眺め、駅弁を食べ、そこから移りゆく風景へとまた戻って行く。 こういう文章表…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第75回2015/7/17 「三千代」は結婚前も、結婚後も「代助」を好きだったことが、彼女の何気ない行動や言葉から伝わって来る。 そして、「代助」は、「三千代」への「平岡」の態度に、嫌悪感を強めていることが分かる。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第105回2015/7/17それは何にも代えがたい日本という国の豊かさのようにも思える。  私もそう思う。テレビや新聞で、外国の映像を毎日のように見る。しかし、日本ほど、森の木々と水田とそれを支える川や湖の風景が、人々の生活の身…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第74回2015/7/16 ここまで『それから』を読んで、「代助」が自分では全く働かないで平気なことに、反感を持ち続けていた。しかし、ここ数回で気持ちが変化した。 必死で働かなくては生計が成り立たないようでは、「代助」のように感じ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第104回2015/7/16 駅弁。「広岡」が選んだのは、車海老と秋刀魚の弁当だった。きっと売れ筋の名物弁当ではないだろう。 彼が思っているように、シーズンでなくても秋刀魚を食べることができる。今は、ほとんどの食材がそうなってい…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第73回2015/7/15 「代助」は、「父」に共感することも同意することもできない。そして、「父」よりも自分の方が理屈にかなっていると確信している。 ところが、理屈で「父」を説き伏せることは不可能だと、結論づけている。 「代助」…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第103回2015/7/15停車している車両はどれもカラフルだった。 国鉄の時代を知っているだけに、最近の列車のカラフルなのには驚かされることがある。鉄道が物流の大動脈と呼ばれて、石炭や木材、そして溢れる人々を運んでいた時代があ…
>>続きを読む