本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2015年12月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第257回2015/12/21「広岡さん以外は」 普段は余分なことは言わない佳菜子が「小さな声で付け加えた。」これは、佳菜子が不満に思っているのではないと感じる。逆に、広岡の気持ちの表れとして受け取っていると思う。 相手をどう呼ぶ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第256回2015/12/20 楽しいことがある。やっていてうれしい気持ちになれる。これがいい。 広岡も藤原も佳菜子も、進藤でさえ、うれしそうだ。 コロッケを買う藤原は、やりたいと思うことをやれる気持ちを味わっていると思う。 これ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第255回2015/12/19 言葉は、おもしろい。そして、人と人をつなぐ力を持つ。 四十年以上前に言われた「ガキ」の一言を思い出して、藤原は腹を立てた。「いえ、すごくさっぱりした気持ちのいい奴だからって」 藤原の出所祝いには、こ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第57回2015/12/18宗助は自分と関係のない大きな世間の活動に否応なく捲き込まれて、やむをえず年を越さなければならない人の如くに感じた。 この感覚に共感する。 古くからある世間の行事や慣習にはどうも積極的に取り組むことができない。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第254回2015/12/18 広岡が望み、そのために動いていたことが、実現に近づいている。 若いころの夢の実現に近づくときとは違う喜びを、感じていると思う。具体的には老人ホームを作り、そこに初の入居者が来たということだから、バラ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第56回2015/12/17 御米の病状が心配のあまり、小六の普段の行状まで神経に触る。医者の動作、言葉を細大漏らさず見つめ聞いている。心配がいらないことを、医者に言われ、御米の様子も変わりないことに、ようやく安心する。 全く無駄がなく…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第253回2015/12/17 いくら仮住まいのアパートであっても、広岡の部屋は藤原が驚くほど殺風景だったことがわかる。殺風景というよりは、余分な物を持たない暮らし方なのだろう。なにしろ、刑務所から戻ったばかりの藤原が、そう言うの…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第55回2015/12/16 役所を休まなかった宗助を、冷たいように感じるが、当時の慣習からは仕方のないことだろう。 それよりは、宗助が御米のことを気にかけて、大切に思っていることが切々と伝わってくる。夫婦の真の関係は、こういうところに…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第54回2015/12/15 この時の宗助に取って、医者の来るのを今か今か待ち受ける心ほど苛いものはなかった。 これ以上にこういう場合の気持ちが伝わってくる文章表現は、ないのではないか。 やがて小六は自分の部屋へ這入る、宗助は御米の傍へ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第251回2015/12/15「見事ですね」 こういう言葉を言う機会は滅多にない。しかも、世辞や大げさに言おうという気持ちはない。心からの言葉だ。こう感じられる家具を傍に置けるのは、気持ちのよい暮らしにつながる。「素人にこんなもの…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第250回2015/12/13 世の中の流れに任せていると、ちょっと考えれば分かることに気づかなくなっていることがある。それを、鈍感になったというのだろう。 木の板で家具を造れば、重くなるし、原材料の値段も高くなる。そういう家具を…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第249回2015/12/12なにより、印象を一変させていたのは庭だった。 庭師は入れてなかったはずだ。それに、広岡は、室内の調度品と家具には個性的な注文を出していたが、庭には何も触れていなかった。 庭、というか、家の外回りは盲点…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第248回2015/12/11氷見の言葉には語調と裏腹の嬉しさがにじんでいた。 氷見という人物は、広岡や他の3人とは年齢的には似通っているが、境遇が違う。家族がいて、息子からも、元弟子からも大切にされていることが分かる。現在は分か…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第53回2015/12/11 特別な問題もなく日常を送っている家族であれば、家族の一員が急病になった時はできるだけのことをして看病すると思っていた。だが、世の中をよく見てみると、そうでもない。 家族の急病に、慌ててしまって、見当はずれの…
>>続きを読む