本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年01月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第297回2016/1/31 この四人の結びつきは固い。同時にこの四人はバラバラだ。ボクシングと年齢と孤独が共通している。一方、これからしようと思うことは、それぞれに違う。何よりも、ボクサーとしての現役を去ってからの経験は、それ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第296回2016/1/30「これから何をしたらいいんだろうな……」 その通りだと頷いてしまう。 目指していたこと、目指していたこととは違うがしなければならなかったこと、それらのことから離れて、もつ思いが、まさにこれだ。 もっと…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第295回2016/1/29その言葉が、世界チャンピオンになれなかった佐瀬が必死に考え出した自分の人生に対する了解の仕方であり、同時に他の三人への思いやりの言葉でもある 佐瀬の考え方に私も共感できる。 人はそれぞれが、「自分の人…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第294回2016/1/28 名前によって、この家の特徴が明らかになるだろう。そして、それは四人のこれからの暮らし方を方向付けるものになると思う。 気になり始めた。広岡は、自分の状況と意志を、いつみんなに伝えるのか、それとも………
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第293回2016/1/27 この四人は、それぞれが独りでいるよりも、一緒の方がずっと楽しいと感じている。広岡は、そのために自分の資産の一部を提供さえしている。 しかし、一緒に暮らせば全てがよくなるとは思えない。共同生活には、ど…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第80回2016/1/26 日本国内では飽き足らず、活躍の場を海外に求める人はいつの時代にもいる。 坂井の弟の場合は、事業を起こし金儲けをすることだけが目的のようだ。しかも、先ず渡った所は満州であった。当時の事情を十分に承知してはいない…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第292回2016/1/26 広岡という人物は、この小説の主人公として楽しみな存在だ。他の三人の関係も架空のこととしておもしろい。佳菜子の存在は、ストーリーの展開上なくてはならない。 一方で、小説の中で描かれている独り暮らしの男…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第79回2016/1/25 女中のことが出てくると、この作品が百五年前のものであったことを思い出す。書生のことも同じだ。 女中という職種は、昭和時代にもあった。しかし、それは下級官吏が雇えるようなものではなかった。書生は言葉だけ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第291回2016/1/25 これで金と飯の目途が立った。なんといっても、暮らしていくにはこの二つをまずは解決しなければならない。 私は家族がいて、定職があった。だから、金と飯はなんとかなっていた。なんとか自分の力でやっていたと…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第290回2016/1/24 広岡の金を他の三人は羨まなかった。これも、四人の特徴だ。互いに互いの地位や財力を羨んだりけなすようでは、長い間の共同生活が続くはずがない。また、若いころは共同生活ができたとしても、年数を経て、再び一…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第289回2016/1/23 広岡の金銭についての能力は高い。アメリカのホテル業で成功したのだから当然だ。 持ち物は増やさないし、部屋は絶対に乱雑にしないし、全ての物についての好みは徹底している。 見方を変えると、こういう人と折…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第78回2016/1/22 宗助と坂井は、あらゆる点で逆の人物として描かれているように見えた。住まいが崖の上と下であるところからもそれがわかる。しかし、崖の上下ではあるが、二軒の家は目と鼻の先であり地続きである。 この回ではじめて、世の…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第288回2016/1/22 おもしろい方式だ。 一般的には、金を出す人が、必要と思う物を買い与える方法だろう。または、合宿生のリーダーがまとめて買う方法だろう。 「カステラ」方式は、それぞれのわがままが出る可能性がある。また、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第77回2016/1/21 明治の東京は、現代とは違った意味で盛んに発展しつつある都市であったろう。宗助が住む借家は、そのように変化し賑やかになっていく東京の中で見捨てられた一隅のようだ。宗助夫婦と小六には、希望も発展も見えて来ない。 …
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第287回2016/1/21あのジムの合宿所での五年間について、あの頃と言っただけで通じる相手がまだいるということはすごく幸せなことなんだよ こういう風に思ったことはなかった。でも、その通りだ。 こう語る星と女房の年月は、夫婦に…
>>続きを読む