本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年01月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第297回2016/1/31

 この四人の結びつきは固い。同時にこの四人はバラバラだ。ボクシングと年齢と孤独が共通している。一方、これからしようと思うことは、それぞれに違う。何よりも、ボクサーとしての現役を去ってからの経験は、それぞれに交わる所はない。
 
 広岡は、何を思って墓参りを言い出したのだろうか。真田会長に対する思いは、それぞれが違うように感じるのだが。

 また、佳菜子は、広岡に何を感じ取っているのだろうか。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第296回2016/1/30

「これから何をしたらいいんだろうな……」

 その通りだと頷いてしまう。
 目指していたこと、目指していたこととは違うがしなければならなかったこと、それらのことから離れて、もつ思いが、まさにこれだ。
 もっとも、こう思えるのは、

住むところができたから

なのだ。だから、こう思える人は、恵まれていると言える。

 佐瀬には、目的があった。目的である野菜作りの知識と経験を持っていた。
 ある年齢を過ぎると未経験のことをはじめても成果は上がらないと、私は思う。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第295回2016/1/29

その言葉が、世界チャンピオンになれなかった佐瀬が必死に考え出した自分の人生に対する了解の仕方であり、同時に他の三人への思いやりの言葉でもある

 佐瀬の考え方に私も共感できる。
 人はそれぞれが、「自分の人生に対する了解の仕方」を見つけたくなるものだ。そして、それはそれぞれが自分で見つける他はない。
 広岡は、佐瀬の気持ちがよく分かっている。だが、同じ気持ちではないと思う。「チャンプの家」を決定づける発言は、広岡ではなくて、星が言っている。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第294回2016/1/28

 名前によって、この家の特徴が明らかになるだろう。そして、それは四人のこれからの暮らし方を方向付けるものになると思う。
 気になり始めた。広岡は、自分の状況と意志を、いつみんなに伝えるのか、それとも……

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第293回2016/1/27

 この四人は、それぞれが独りでいるよりも、一緒の方がずっと楽しいと感じている。広岡は、そのために自分の資産の一部を提供さえしている。
 しかし、一緒に暮らせば全てがよくなるとは思えない。共同生活には、どんなにやり方を工夫しても、そのデメリットもある。
 広岡は、藤原の行動を心配しなければならなかった。こういうことは、これからも起こるだろう。仲間と一緒に暮らす生きがいと安心感は、仲間の欠点を受け容れなければならない煩わしさと表裏のものだと感じる。

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第80回2016/1/26

 日本国内では飽き足らず、活躍の場を海外に求める人はいつの時代にもいる。
 坂井の弟の場合は、事業を起こし金儲けをすることだけが目的のようだ。しかも、先ず渡った所は満州であった。当時の事情を十分に承知してはいないが、当時の国策とそれに煽られた風潮にのった行動のように感じられる。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第292回2016/1/26

 広岡という人物は、この小説の主人公として楽しみな存在だ。他の三人の関係も架空のこととしておもしろい。佳菜子の存在は、ストーリーの展開上なくてはならない。
 一方で、小説の中で描かれている独り暮らしの男の老人が置かれている状況は、現実味を帯びる。
 現実に四人の男の老人が、共同生活をするとなれば、金銭や食事だけでなく、いろいろと不便や不都合が生じるのは明らかだ。それを、なんとか解決できるとすれば、若い人の存在が欠かせないと思う。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第79回2016/1/25

 女中のことが出てくると、この作品が百五年前のものであったことを思い出す。書生のことも同じだ。
 女中という職種は、昭和時代にもあった。しかし、それは下級官吏が雇えるようなものではなかった。書生は言葉だけが残っていたが、世間一般では馴染みの薄いものになっていた。
 百五年という年月は、倫理観だけでなく、職種や産業など社会的な構造を大きく変化させていた。そして、変化したものと、変化しないものの双方がこの小説には描かれている。

 小六にとって、この書生のことは悪い話ではなさそうだ。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第291回2016/1/25

 これで金と飯の目途が立った。なんといっても、暮らしていくにはこの二つをまずは解決しなければならない。


 私は家族がいて、定職があった。だから、金と飯はなんとかなっていた。なんとか自分の力でやっていたと思っていた。
 仕事を辞めてみて、改めて次のことを思い知らされた。
 私の給料は、確かに、生活必需品になり食費になっていた。だが、家計をやり繰りし食事を作っていたのは、私ではなかった。私は、間接的に金と飯を稼いでいただけだった。だから、時間があるようになっても、家計費をどう支払えばよいか、飯をどう作ればよいか、全くわからない。
 仕事がなくなって時間はあるのだから、生活費の始末と、自分の飯は自分で作れ、と言われたら……

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第290回2016/1/24

 広岡の金を他の三人は羨まなかった。これも、四人の特徴だ。互いに互いの地位や財力を羨んだりけなすようでは、長い間の共同生活が続くはずがない。また、若いころは共同生活ができたとしても、年数を経て、再び一緒に住むことなぞできるはずがない。
 そう考えると、この四人のような関係を持ち続けるというのは滅多に実現できることでないし、想像することすら難しいと感じる。

 新しい客のことが心配だ。この四人の欠点?は、腕に覚えがあるのと理不尽を見逃せないことだから。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第289回2016/1/23

 広岡の金銭についての能力は高い。アメリカのホテル業で成功したのだから当然だ。
 持ち物は増やさないし、部屋は絶対に乱雑にしないし、全ての物についての好みは徹底している。
 見方を変えると、こういう人と折り合っていける人は多くはないはずだ。

 藤原は貯えも年金もない。星は貯えだけがある。佐瀬は年金だけがある。この三人は広岡の金をどう思うだろうか。

 世の中の老人の金銭事情が典型的に描かれている。藤原のような場合はいくつになっても働かなければならない。星のような場合は貯えを食いつぶしていくしかない。佐瀬のような場合は年金に頼るしかない。貯えも年金もあるとか、広岡のように貯えも収入もあるというのは、ほんの一握りの人だ。
 働けなくなったら、家族や子供が面倒を見てくれて、恩給が生活に困らないほど出るというのは、もう過去のことだ。

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第78回2016/1/22

 宗助と坂井は、あらゆる点で逆の人物として描かれているように見えた。住まいが崖の上と下であるところからもそれがわかる。しかし、崖の上下ではあるが、二軒の家は目と鼻の先であり地続きである。
 この回ではじめて、世の煩わしさを避けたいと思う坂井の一面が描かれる。一方の宗助は根っからの人嫌いではなかった。

 世間的には成功して金を得た人物と、世間から見捨てられて貧乏な人物とは、大違いのように見えて紙一重の面があると思わせられる。
 これは、一人の人間の生き方に止まらないことなのかもしれない。例えば、国家の発展と衰退も紙一重のものなのだと、漱石は看破しているような気がする。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第288回2016/1/22

 おもしろい方式だ。
 一般的には、金を出す人が、必要と思う物を買い与える方法だろう。または、合宿生のリーダーがまとめて買う方法だろう。
 「カステラ」方式は、それぞれのわがままが出る可能性がある。また、同じものが重ねて買われることもあると思う。
 反面、共同で使う物と金に、それぞれが責任を感じるだろう。
 規則通りにしなければならず、生活必需品は一方的に与えられる生活とは、逆の生活であったと思う。

 家も家具も広岡が自分の金で用意した。家賃と光熱費は広岡が払う。だが、日々共同で使う物は、共同の金で賄おうというのだ。
 暮らしにどうしても必要な金をどうするかは、どんな共同生活にとっても生命線になると思う。たとえ、それが家族間であっても。

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第77回2016/1/21

 明治の東京は、現代とは違った意味で盛んに発展しつつある都市であったろう。宗助が住む借家は、そのように変化し賑やかになっていく東京の中で見捨てられた一隅のようだ。宗助夫婦と小六には、希望も発展も見えて来ない。
 だが、煩わしさもあくせくしたところもない。世間体ばかりを気にかけて背伸びをしている様子はない。親兄弟、親戚に気を遣う心配もない。金儲けや出世のために動き回ったり、いらいらすることもない。
 愛する人と静かに時を過ごしているだけの生活だ。それだけになんでもないような会話に笑いが出るのだと感じる。


 家の束縛から逃れ、個人の心情に従って愛する人と結婚する。
 金儲けや出世を考えずに個人の生活を大切にする。
 旧来の習わしや為政者にとって都合のよい道徳から逃れた生活は、明るく希望に満ちたものに描かれることが多い。しかし、漱石はそうは描いていない。
 漱石の見方が正しかったかどうかは、百五年後の今、答が出てきていると思う。

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第287回2016/1/21

あのジムの合宿所での五年間について、あの頃と言っただけで通じる相手がまだいるということはすごく幸せなことなんだよ

 こういう風に思ったことはなかった。でも、その通りだ。
 こう語る星と女房の年月は、夫婦にとって幸せなものだったと感じる。だが、それは過ぎた年月の一面でもある。
広岡が立ち寄った小料理屋の女将の目には、星は女房を辛い目に遭わせた元ボクサーの男と映っていた。それは、女将の誤解ではなくて、星夫婦の別の一面であったと思う。


果たして、自分はその時間を取り戻したいと思っているのだろうか……。

 読者として、広岡のこの思いがよくわかる。彼が昔を取り戻したいだけなら、もっと違う行動を取ったと思う。

↑このページのトップヘ