本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年02月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第318回2016/2/22 シェアハウスを舞台にした映画とテレビドラマを何作か観た。どの作も、テーマは、そこで共同生活をする人同士の関わり方に行きつく。 広岡たち四人は、このシェアハウスにいるが、部屋は共有していない。しかし、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第317回2016/2/21 どんな住まいに住むのか、は重要なことだ。それ以上に、住宅という器にどんな人と住むかは、人生を左右するほどのことだと思う。  「白い家」は、しっかりと作られた家で、広さも十分にある。そして、一部屋一部…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第316回2016/2/20その思いがけない展開に、広岡たち四人は、なんとなく顔を見合わせて、息をついたり、苦笑したりした。 夕方から飲みに出かけた五人の一日がようやく終わろうとしている。厄介事に巻き込まれ、それに仲間で取り組ん…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第315回2016/2/19 藤原は、若者を諭す口調になっている。星は、まだ追及の手を緩めない。佐瀬は、細かに若者の世話をしだした。そして、広岡が要所を締める。 この四人の組み合わせの妙は挿絵にもよく描かれている。でも、この絵で…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第314回2016/2/18 星は、パンチが鋭いが、言葉も鋭い。星が問い詰めるように発した言葉から、若者が事情を話し始めた。 そして、星が肝心のことを訊いた。「おまえ、本当にプロなのか?」 プロだとすると、今回の暴力沙汰は徹底し…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第313回2016/2/17 藤原は、この若者の態度からもう親近感を持っているようだ。 星は、因縁をつけてきたチンピラとの関わりから、この若者に疑いの目を向けている。 これから男たち四人が、それぞれにこの若者に働きかけていくと思…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第312回2016/2/16 「白い家」の新しい住人として、佳菜子とあの若者が加わった。 この二人が過ごすのは一晩だけかもしれない。広岡は、この家での共同生活が一日で終わろうが、何年間も続こうが、意に介さないと思う。 広岡の言葉…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第311回2016/2/14‥‥‥眼が覚めると、コーヒーの匂いがした。広岡はベッドに横になったまま、その香りをしばし楽しんだ。 人生に一度あるかないかの大変な日でも、いつもと同じ平凡な日でも、一夜明ければ、また朝が来る。そして、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第91回2016/2/11 いよいよ座禅の修行が始まったが、それは宗助が期待していたようなものではなかった。 宗助は、他者に対する責任を強く感じ、その罪の意識から逃れることができずに、苦しんだ末に、この寺へ座禅に来た。それなのに、その心…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第90回2016/2/10 宗助が訪れた庵には、もう一人の修行者がいた。その男は、修行に来てもう二、三年になるというのに、宗助の目には次のように映っている。彼は剽軽な羅漢のような顔をしている気楽そうな男 宗助は、当時の世間一般の人々に比…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第89回2016/2/9 宗助が役所勤めを休んでまで、座禅に出かけるには相当の決心がいったと思う。そうしなければ居たたまれない心境だったことが改めて分かる。 それと同時に自己にとって最大の苦しい心境を、乗り越えようとしていることも分か…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第310回2016/2/13 病院へ行くかどうかを、藤原が若者に訊ね、広岡が行こうと決断した。タクシーの運転手もそうした方がいいと態度で示した。 この小説では、物事が決まる過程が気持ちよく進む。しかも丁寧に描かれていると感じる。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第309回2016/2/12 今までは、佳菜子を含めた四人へ指図を一切しなかった広岡が、細かく指示した。それは素早くて的確だった。四人は広岡の言うがままに動いた。若者の足取りが少しずつしっかりしはじめているのを感じていたが 若者…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第88回2016/2/5 宗助は、苦しくて逃げ回っているように見える。 だが、責任転嫁は一切しない。自分を不幸だと一言も嘆かない。…
>>続きを読む