本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年03月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第356回2016/3/31(略)連打のしつこさには、相手をうんざりさせるほどのものがあったのだ。 佐瀬には「あった」が、それが翔吾に最も欠けているものとは、広岡は思っていない。あの若者、黒木翔吾にはその勇気が欠けているだろうか…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第355回2016/3/30 藤原の頭の中では、星が話す小さな浜辺の少年と翔吾とが重なったのだろう。だから、言ったのだ。「教えてやろう」 私には、小さな浜辺の少年と、アメリカで教えてもらいたかったトレーナーに断られた広岡の若い日…
>>続きを読む

30楽浪の 志賀の唐崎 幸くあれど 大宮人の 船待ちかねつささなみの しがのからさき さきくあれど おおみやびとの ふねまちかねつ志賀の唐崎は、今も穏やかに水をたたえている。ここに都があった時代には、宮廷の人々の船が行き交い、それは華やかだった。今はもうそ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第354回2016/3/29 駅のホームで、ボクシングを始める前の広岡をノックアウトしたのは、ボクサーとしてのトレーニングを積んだ男だと思い込んでいたが、こんないきさつがあったのだ。 星の過去が明らかになってくる。ストーリーから…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第353回2016/3/28 前回で広岡は、星が言ったことに納得して同意した。「自分たちに、誰かを教えるなんていうことができるんだろうか‥‥」 広岡が独り言のようにつぶやくと、星が言った。「仁、おまえはもう教えているよ」「‥‥‥…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第352回2016/3/27 星に注目した。 彼は、この家に住むことが嫌だった。昔の共同生活に戻ることを拒否していた。そして、ここに住むようになっても昼間一人で何をしているのかは謎だ。 その星だが、料理では欠かせない存在になって…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第351回2016/3/26 佳菜子は日曜日ごとにチャンプの家に来て、四人と一緒に食事までしている。毎回気の利いたお土産も持ってくるのだろう。広岡は、翔吾が佐瀬の取り越し苦労を(略) 翔吾のカムバックに能動的に力を貸すような「取…
>>続きを読む

 世間の道徳に反して、恋によって結ばれた宗助と御米の日々が全編を通して描かれていた。 宗助は、御米に向って「愛している」とは一言も言わない。御米を喜ばせることや家事を手伝うこともほとんどしない。 そうでありながら宗助が真に思うのは、御米だけだ。 御米が病…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第350回2016/3/25 シャドーボクシングも、ランニングと同じように、コーチするレベルにまでなっていないのか。 この回は、藤原の出番がなかった。 男四人は、朝と晩はほぼ毎日一緒に飯を食っているようだ。四人分の飯を作り、片付…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第349回2016/3/24広岡には、佐瀬だけでなく、星もまたこの若者にボクシングを教えるということに心を動かしはじめているらしいのが意外だった。 広岡と藤原は、この時点ではボクシングを教えるという気持ちになっていないことが分か…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第348回2016/3/23 藤原に注目した。翔吾が広岡に訊ねると、かわりに藤原が答えた。 藤原はうれしくなって、広岡を差し置いて答えてしまっている。「おまえは、俺たちのパンチを身につけたいんだな」 こういう切り込む発言は、いつ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第347回2016/3/22 ストーリーから離れた感想。 六十歳後半の男だけが、一軒の家で共同生活をするとどうなるだろうか。 食事作りが困る。掃除や洗濯が十分にされない。買い物に行くのは困らないが、食材や日用品の買い方が分からな…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第346回2016/3/21 サブタイトルの「庭のリング」と、佐瀬が庭に野菜を作らず、地面をならしていることから、チャンプの家で翔吾へのボクシングのトレーニングが始まりそうだ。 翔吾が着替えるのを待っているあいだ、四人はなんとな…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第345回2016/3/20 翔吾がまた来た。逞しく、素直になっている。チャンプの家の三人は、喜んで迎えている。 広岡もうれしいだろうが、三人とは少し印象が違う。広岡は、翔吾がはっきりと求めなければ応じることをしない。 一方、翔…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第344回2016/3/19 広岡たち四人がチャンプの家で暮らすようになって二カ月が過ぎようとしていた。 八月も下旬になり(略) この作品中で初めて不満を感じた。広岡の病状と、広岡が日本に戻ってからの時間の経過がどうもスッキリし…
>>続きを読む