本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年05月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第415回2016/5/31 翔吾の父親が、翔吾のジム移籍をすんなりと許し、それだけでなく頭まで下げたのを読んだときは、なんだか拍子抜けした気分だった。ストーリーを進める上であっさりと創ったのかと思っていた。翔吾の父と広岡の関係…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第414回2016/5/30 挿絵の広岡の表情がいつになく険しい。 それはそうだろう。翔吾のノックアウト勝利の記事に、広岡たちのことが興味本位で書かれでもしたら、とんでもないことになりそうだ。 例え、その記事に好意的な反応が多く…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第413回2016/5/29 ハラハラしながら読み始めた。 すんなりと勝ちが決まるだろうか、心配だった。 すんなりと翔吾のノックアウト勝ちだった。セコンドの三人がどれほどうれしかったか想像がつく。 さらに、勝者の翔吾ははしゃがず…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第36回2016/5/27 珍しく、「吾輩」が「主人」を褒めている。(略)その活眼に対して敬服の意を表するに躊躇しないつもりである。 私も、苦紗弥を優れた人物だと思うようになった。どんな点でそう思うかと尋ねられると、まだうま…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第412回2016/5/28 これで、佳菜子が感じ取ったことが現実になる。 今までは試合を中継する客観的な描写だったのに、今回の後半は違っている。もう山越が立ち上がってくることはないと確信したかのような静かな顔つきだった。 これ…
>>続きを読む

BROTHER 監督 北野武 前回観た時は、新手のバイオレンス映画という印象で、特に好きにはならなかった。 今回は、その印象が大きく変わった。 バイオレンスには違いがないが、監督の主張を感じた。映画の主題と言ってもよい。 ○暴力の末路。 ○現金の価値の重みとむな…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第411回2016/5/27 どう考えても佐瀬の指示は正しい。このまま行けば、よほどの不公平なジャッジでない限りは、判定勝ちだ。復帰第一戦をノックアウト勝ちなどというのは、派手なだけで上を目指すボクサーには大きな意味はない。それ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第35回2016/5/26人間というものは時間を潰すために強いて口を運動させて、可笑しくもない事を笑ったり、面白くもない事を嬉しがったりする外に能のない者だと思った。 ここまでは、「吾輩」の人間全般に対する批評だ。この後に、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第410回2016/5/26 このまま進めば、ノックアウトできなくても、判定で勝てる流れだ。  広岡は、過去に理不尽な判定を受けたことがあった。 そして、翔吾がヒット・アンド・アウェイに徹して判定で勝つと、佳菜子は本当のことを言…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第34回2016/5/25 苦紗弥の話は、迷亭と寒月のものとは違っていた。話の落ちがない。 それだけに、二人の嘘の話ではなく、人間の本質を描いている逸話と受け取れる。  妻が楽しみにしていることを実現させるのは、全く妥当なこ…
>>続きを読む

座頭市 監督 北野武 勝新太郎の座頭市のようなおもしろい映画を創ろうという監督と制作スタッフの思いを感じた。 過去の座頭市シリーズを超えられなかったのは確かだ。 だが、新たな要素が加わって成功しているとも感じた。 それは、北野映画得意の喜劇としての要素だ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第409回2016/5/25 セコンドへの観客のヤジは、翔吾にとってなによりのリラックス効果を与えたと思う。 広岡は、チンピラにからまれた時も今回も老人に対する悪口をおもしろがっている。うまいことを言うとおもしろがる広岡がおもし…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第33回2016/5/24 前回と今回は、連載としてのこの小説の特徴が出ていると思う。以前に読んでいるのだが、この辺りのことは忘れていて、次回を待ち遠しく感じる。 短編小説とするなら苦紗弥の話は、私小説の雰囲気だ。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第32回2016/5/23 寒月の話は、なんともたわいのない結末だった。 迷亭の場合は、話のはじめから嘘が見えていたが、寒月の場合は話の前半は真実味があった。 苦沙弥の話は後半に入っても真実味がある。 この三人の話をそれぞれ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第408回2016/5/24 いよいよ試合開始直前だ。 佐瀬、藤原、星は、自分が戦う気になっているようだ。藤原が熱くなり過ぎなければよいが。 令子は、ここでも広岡へ気を配っている。広岡をジムの会長と同格に位置付けている。ボクシン…
>>続きを読む