本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年05月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第407回2016/5/23 佳菜子の特別な感覚をどう言えばよいのか迷っていた。 映画館で映画に集中していない広岡を察し、子猫の気持ちを察し、それ以前に初対面の広岡の人柄を察している。こういう物事を見抜く感覚を彼女が持っているこ…
>>続きを読む

龍三と七人の子分たち 監督  北野武 楽しめなかった。 役柄とほぼ同年齢の役者の演技に面白みを感じられなかった。 キャスティングでは、北野武が龍三を演じれば、かなり映画全体の雰囲気が変わったと感じた。 また、北野映画には、独特のいくつかの仕掛けや小ネタとも…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第406回2016/5/22 チャンプの家の食事の場面によく来ていた佳菜子が、チャンプの家での翔吾のトレーニングが本格的になってからは、来なくなっていたようだ。 でも、佳菜子も社長の進藤も、翔吾が真拳ジムに移籍した経緯やスパーリ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第31回2016/5/20 寒月の話は、ずいぶんと真に迫って聞こえる。だが、怪談じみていてとても経験談とは思われない。 迷亭の話との違いはなんだろうか。自分の経験として語っている所は同じだし、知人が登場する所も、場所がらも、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第405回2016/5/21広岡はその部屋に隅に立って、いくらか緊張した面持ちの翔吾を見つめていた。 広岡の脳裏には、何が思い浮かんでいるのだろうか。 元ボクサーだけに、これから戦う翔吾に勝たせたいという思いだけだろうか。それと…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第404回2016/5/20秋の夕暮れは日が落ちるのが早い。すっかり暗くなった駅前商店街を、広岡たちと翔吾が駅に向かって歩いていた。 季節が移り変わっていた。翔吾のスパーリングの後味が伝わってくる。それは、広岡の気分でもあろう。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第402回2016/5/19 大塚に怪我も精神的なダメージもなさそうでよかったと思う。 大塚と翔吾のスパーリングが注目されていたことが改めて分かった。会長の令子、トレーナーの郡司、何人もの真拳ジムの練習生、そして広岡と藤原と星、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第30回2016/5/19 迷亭の話は、なんともあきれた作り話だ。しかし、全ての物語の根本は作り話だということもできよう。 迷亭のうそを承知していながら、寒月も話を作るようだ。 猫はうそをつかない。 なぜか。 猫は言葉を使わ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第29回2016/5/18 「主人」である苦紗弥と美学者の迷亭は、いい加減なことばかりして、なんの役にも立たないことをしていると描かれる。その描かれ方は徹底している。 これが、作中の登場人物がそう感じているのであれば、この二…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第402回2016/5/18 前回では、翔吾のアッパーが出て劣勢を挽回すればいいのに、と思っていた。 だが、これはまずい。 翔吾の判断が誤っていたというよりは、教えた方の失敗だろう。教えるパンチを、どんな場合に使うかを峻別してい…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第28回2016/5/17 教師とその門下生、教師とその友人の学者、三人が三人とも、嘘とその嘘を見破っているようないないような会話が続く。そして、当人たちはどうも自分が一等賢いと思っているようだ。 「吾輩」は、そんな教養人た…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第401回2016/5/17 大塚は、翔吾の力と戦法を見切っている。 広岡は、翔吾の状態と、さらに大塚の力と大塚が戦いながら考えていることを分析できている。 スパーリングとはいえ、翔吾が追い込まれた。この状況は、チャンプの家で練…
>>続きを読む

映画 ビリギャル 監督 土井裕泰 泣いた。笑った。ただこういう感じはあまり長く残りはしないとも思った。  この監督のうまい所。 主人公が塾へ行く前の出来事を、伝聞としてあっさりと片付けた点。塾の先生が、主人公に深々と頭を下げるような演技。主人公と友人たち…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第400回2016/5/16 翔吾は、藤田とのスパーリングでは、鍛え直した体力と、佐瀬から学んだことで相手を圧倒できた。しかし、大塚に対しては、主に佐瀬から学んだことだけでは優位には立てないということだろう。 藤原から学んだこと…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第399回2016/5/15 藤田とのスパーリングでは、翔吾は広岡のクロスはおろか藤原のアッパーも使う必要はなかった。 大塚とは、そうはいかないだろう。 星のパンチは、教えた場面すら描かれていないが、どうなるのだろうか。…
>>続きを読む