本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年06月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第430回2016/6/16そのひとつひとつにメールで返事を書きながら、もうほとんど自分のことにように思えないほどすべてが遠くなっていることに驚いていた。 広岡は、アメリカに戻ることもホテル事業に戻ることも、もうないとはっきりと…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第429回2016/6/15 次回はどうなるのだろう、という思いで小説を読むことを忘れていた気がする。 この小説では、いつも「次はどうなるのだろう」と思いながら読んでしまう。そういう読み方ばかりしていると、読みが狭くなるような気…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第44回2016/6/9 寒月の演説は、本当に行われたものと書かれている。苦紗弥と迷亭をだますための架空の話ではなかった。 苦紗弥と迷亭は、寒月の話す内容の枝葉の部分だけをおもしろがっている。 私も、寒月の演説の内容で、興…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第43回2016/6/8 寒月の話の内容は、真面目なものなのか、それとも迷亭の話のように最初から聞く人を欺こうとするのもなのか、判然としない。 方程式が出てくる「演説の首脳」の部分は、まったくのでたらめとも思えない。 しか…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第428回2016/6/14 新しい章が始まっていた。 前章の「竜」と「車」はわかったが、「曳く」にも意味があると感じる。令子と真拳ジムのために、広岡たちが動くのは容易なことではないのだろう。 やはり、記事にされてしまったか。令…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第427回2016/6/12 星の提案は、素晴らしかった。もっと体を作るための荷役という仕事を選んだことが、翔吾がチャンプの家に住むことにつながった。そして、翔吾のトレーニングに役立つためだけでなく、チャンプの家での共同生活に落…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第426回2016/6/11 一度思い込むとなかなかそこから抜け出せない。 回りくどく、秘密の暴露があるようなストーリー予想をしたが、そんなありがちな展開は一切なかった。 令子の思いは、素直で、理解しやすいものだった。そのとき、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第425回2016/6/10 六番目の犬士など考えすぎだった。名字に由来していただけとは!  今度は、令子についてに、改めて疑問が湧く。○ 離婚したとはいえ、令子が苦労の多いボクシングジムの運営を引き継いだのはなぜか?○ 佳菜子…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第424回2016/6/9 霊感があるというのとも違う。超能力、予知能力があるというのとも違う。 今までは、感覚がきわめて繊細なのだろうと思っていた。 でも、里見八犬伝が持ち出されて、ただ五感が細やかで鋭いだけではないと感じる。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第423回2016/6/8 佳菜子について思い出してみる。○子どもの頃、住んでいた所には古い映画のテープ?DVD?がたくさんあった。ということは、新しい映画や他に遊ぶようなものはなかったのか?○今までレストランや映画館に行ったこと…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第42回2016/6/7 苦紗弥、迷亭、寒月の会話が、演説練習に伴って続く。 この場面では、「吾輩」の批評が少ない。不思議なもので、「吾輩」からの批評が少なくなると、この三人の会話への興味が減ってしまう。主人は無言のまま吾…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第422回2016/6/7「いいんですか?」翔吾が弾んだような声を上げた。 翔吾が、うれしいという感情を表したのははじめてだ。トレーニングにはきっちりと来ていてもチャンプの家に長居をするのをためらっているようだった彼が、変われば…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第421回2016/6/6 星は、メンタル面の思いもつかないようなトレーニングを言い出すかと思っていた。しかし、そんなことではなく、体力をより強化するという基礎的で最も大切なトレーニングを言い出した。そして、その方法がユニークだ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第420回2016/6/5 広岡の予感は外れないと思うので、これも当たっていると思う。ということは、付き合っているとかいないとかに関わらず翔吾の佳菜子への気持ちが強いものになっているということだ。 藤原の言い方がいい。俺が教えた…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第419回2016/6/4――これが翔吾を不幸にすることにはならないだろうか‥‥。 翔吾にボクシングを教えるようになって、仲間たちもより元気になった。翔吾はみるみる上達し、復帰第一戦を見事にノックアウト勝ちした。しかも、そのパン…
>>続きを読む