本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年07月

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第461回2016/7/17 スパーリングでの中西は、広岡がアメリカで観た中西とは違うボクシングをした。翔吾も今までの戦い方とは違う動きを見せている。 アウトボクシングが得意であっても、世界を狙おうというボクサーなら、国内チャン…
>>続きを読む

gontii スーパーベスト 2001-2006 GONTII NHK FMの「世界の快適音楽セレクション」を聴いているので、GONTIIのアルバムを聴いてみたくなった。 イージーリスニングというカテゴリーがあるが、私にとってはまさにこれだ。BGMとして聴いてもよし、一曲一曲を味わってもよし…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第460回2016/7/16 ストーリーに沿って、時々見え隠れする登場人物の一人は佳菜子で、もう一人はテレビの中で逆転勝利した日本人ボクサーだった。 謎に包まれていた佳菜子のことはかなり明らかになった。 日本人ボクサーは、中西と…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第459回2016/7/15 佳菜子が戻って来て、翔吾と一緒にチャンプを捜し見つけるという展開にはならなかった。 しかし、佳菜子のことは出てきた。翔吾と佳菜子は何でも打ち明けあう仲になっていた。 広岡は、チャンプを可能な限り捜し…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第458回2016/7/14 心臓の発作に襲われ、それが原因でボクシングをやめたと思っていた。読者がそう思うように描かれていた。 やめた理由を、広岡自身が語るのは、それが翔吾にも当てはまるからか。 もしも、翔吾が「すべてにおいて…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第457回2016/7/13 翔吾は、広岡に聞きたかったことを聞いている。それは、誰も知らないことだった。星も藤原も佐瀬も令子も佳菜子も。 広岡が、トレーナーのサンチェスから、「ひどく才能があるわけではない」と言われて、トレーナ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第48回2016/6/16 金田夫人のやり方はあきれたものだ。さらに、それを隠すこともせずに自慢げにベラベラしゃべるのにもあきれる。金の力で人を動かすことに慣れるとこうなるものだ。 人を雇って他人の家の内を探り、金を払って人…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第47回2016/6/15 寒月の以前の話は事実以外が多いものと思っていたが、そうでもないらしい。それにしても、金田夫人は何をどう勘違いしているのであろうか。 それとも、勘違いは寒月の方なのか。それとも、話を聞いただけの迷亭…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『吾輩は猫である』夏目漱石第46回2016/6/14 苦紗弥のこういう態度は、痛快だ。世間は、金田夫人が感じているような反応をするのが常だが、苦紗弥のような人物もいるのだ。 ただし、苦紗弥が地位や金の有無で人を見ないかというと、そうではないと描かれて…
>>続きを読む

 永六輔さんの話しぶりは、ずいぶんと長い間耳にしている。 ある番組を意識して選んで聴いていたのではない。彼の感覚や考え方に強く共感したのでもない。 それでいながら声を聴くと、すぐに永六輔さんだと分かった。世の中への批判も安心して聴けた。その時の流行にのっ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第456回2016/7/12 年齢の違う屈強な男二人が猫を捜している図が目に浮かぶ。 こういう飼い方をしていると、猫が数日戻ってこないということはある。今は、こういう飼い方は過去のものになった。だが、犬も猫も今の人間との距離が昔…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第455回2016/7/12 黒木と大塚は、似たスタイルのボクサーとして描かれていた。この回では、二人の違いが出たようだ。 大塚は、完成形に近いボクサーだが、黒木はまだまだ未完成で、これから成長するのだろう。  「階段」を、昇る…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第454回2016/7/10 星独特のパンチは、サーフィンの動きに由来していた。 たった一日のサーフィンのトレーニングで、「キッドのキドニー」を自分のものにした翔吾の能力は並外れている。また、荷役での体幹トレーニングも効果があっ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第453回2016/7/9 「キッドのキドニー」をマスターするためのポイントが、「難しければ」「難しい」「難しかった」と重ねて表現されている。佐瀬のジャブと藤原のアッパーパンチよりも難しいのであろう。「(略)膝を柔らかく使って体…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第452回2016/7/8 広岡の決断は相変わらず早い。 翼ジムの丸岡会長の言うことは信用できるのか? 黒木が敗れた場合は? 大塚が敗れた場合の真拳ジムは? そういうことを考えだしたらきりがなかっただろう。それよりは、チャンスを…
>>続きを読む