本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年09月

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第29回2016/9/30 挿絵の杏の手は、気力を失った人の手のようにダラリとしている。晴臣の手は、強引で支配欲に満ちているように見える。 (略)その乱暴さと弱さのコンボに母親や祖母、シッターまでもが心を奪われたせいかもし…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第28回2016/9/29きっと、あの時そう思ったからだ。 これは、母とのことにつながる予感がする。 晴臣を拒否しながら、受け入れてしまう杏の気持ちが繰り返し描かれている。なぜ、これほど強調するのだろう?しかし人は決して、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第27回2016/9/28 理有は、母親へ反発していたのに、杏を学校へ行かせようとするときに母と同じように装った。 杏は、学校へ行く準備と晴臣への要求からは、浮ついた女子高生にしか見えないのに、自分の心理を見透かしている。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第26回2016/9/27 理有は、自分のことも母親のことも素直に話していた。光也は、それをそのまま受け入れていた。二人の間はこれから発展しそうだ。 ストーリーは、杏に移った。 杏は、理有がマレーシア留学から帰国してすごく…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第25回2016/9/26 二人の間の問いかけと返事が回をまたがるので、前回を押さえておかなくてはならない。「こういう人間って、どういう人間?」  (24回)光也「うーん。面白みのない、真っ当なだけが取り柄の人間」  (24回…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第24回2016/9/25 読み過ごしそうになるが、理有は、光也の問い(23回)には次のように答えているだけだ。「変わった人でした」そして、どんな風に変わっていたかを話し始めた。 相手に対する懐疑心が晴れるということはこうい…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第23回2016/9/24 母、杏、光也に「とてつもない距離を感じる」理有は、杏からも光也からも好かれている。そして、自分では光也の生き方を否定しながら、光也に強い興味を持っている。 理有の多面性だろう。母を激しく嫌悪して…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第22回2016/9/23 光也への距離を縮める理有の心が瑞々しく描かれ、次回どうなるかとスリリングにさえ感じる。・気味の悪いぬいぐるみを好きだと言う若者に興味を持つ。・そのぬいぐるみは母につながり、そこから母の嫌な面を思…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第21回2016/9/22「なんか、前衛的な家庭だね。」 そう思う。 日本もどんどん変わっているけれど、家族がバラバラに別々の国で生活している理有の家庭は「前衛的」と呼ぶにふさわしい。 理有は、呼び出した若者光也への懐疑心…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第20回2016/9/21 理有の家族のアウトラインが分かってきた。 大学講師の父と一緒に暮らすために、理有がフランスに渡った。 理有がフランスに行く直前に母は杏を出産し、日本に残った。母は、日本で仕事を持っていた。母の色…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第19回2016/9/20 ためらっていたのは、あの喫茶店へ行くか行かないかではなく、店員の若い男と会うか会わないかだった。 喫茶店の彼は、ぬいぐるみのことでは独特の感性を見せていた。でも、理有の呼び出しに応じた彼は、前の…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第18回2016/9/19 パパは、フランスにいるようだ。パパは、日本人なのか? ママの名はユリカ、すでに死んでいた。 パパとは、連絡は取り合っていてもしばらく前から会うことはなかったようだ。 理有は、フランスでの暮らしが…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第17回2016/9/18 理有と杏の父は、高収入の職に就き、二人の娘のためにお金を出していることが推測できる。娘たちに余計な干渉はしない。しかし、二人のことを深く心にかけていることは感じられない。 生活や学校に行くための…
>>続きを読む

 半年間のマレーシア留学から帰国した理有は、大学生活に戻り就職活動を始めようとしている。しかし、マレーシアで住み続けたかったという思いを今も持っている。 半年ぶりに美容室で髪をカットし、買い物をした理有は、飾られていたベスティのぬいぐるみが気になって、あ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第16回2016/9/17 母の思い出が鮮明になってきた。(略)中年女がぬいぐるみと床を共にするなど、おぞましいとしか思えなかった。(略)毎日酔い潰れるようにして明け方眠りにつく母に憂鬱な思いでいた私は(略) これでは、母…
>>続きを読む