本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年10月

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第59回2016/10/31 なんだろう? 俄然、『クラウドガール』がおもしろくなってきた。 晴臣の言葉がおもしろい。  58回追加で書いたが、杏が自分の気持ちを、自分の言葉で表現しているのがおもしろい。特に、次の部分が興味…
>>続きを読む

 作者の視点から書かれることは限定されている。それは、人物の行動がほとんどだ。 人物の心、内面を、作者の視点から表現することは少ない。  杏の心は理有の言葉で、理有の心は杏の言葉で書かれている。 だが、パパの内面はパパの言葉で表された。 ママが理有と杏を…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第58回2016/10/30 どうしてそんなに対人関係に無神経なんだ、という人が世の中には大勢いる。逆に、直感的に人間関係の本質を見抜く人はめったにいない。 杏は、姉が母をどう思っていたかを見抜いていると思う。そして、感じ…
>>続きを読む

 杏が、家族について回想する。 両親の離婚。母と姉妹の三人になる。母が急死する。姉妹は祖父母と暮らす。祖父母の家を出て、姉妹二人だけで暮らす。姉が留学する。姉が帰ってきて、姉の理有と妹の杏二人の生活が再開される。 母は、中城ユリカ、小説家だった。 理有は…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第57回2016/10/29  心配しているような。おもしろがっているような。やっぱり心配しているんだろう。実生活では、杏は理有に全く及ばない。 だが、恋愛関係のことになると、杏の方が鋭く物事を見抜くように思う。 杏が広岡…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第56回2016/10/28 杏がおもしろい。 今までも、杏は行動の奔放さと異質の内面を見せることがあった。今回出てきた樋口くんに対しての悪感情からも、彼女の内面が感じられる。 本人は、高校生でもビールは飲むし、晴臣との行…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第55回2016/10/27 作者は、理有よりも杏の方をずっと身勝手で、感情的な人物にしている。 ところが、杏の視点から小説上の客観的な事実を伝えて来る。ママの死の顛末も杏の回想でしか書かれていない。この回では、杏の思った…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第54回2016/10/26 杏は、晴臣からに迫られて付き合いだした。理由は、まだ明かされていないが、晴臣が死の直前までいったことによって仲を深めた。 理有が、光也と知り合うきっかけになったのは、母にまつわるぬいぐるみだっ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第53回2016/10/25 理有と母の関係が徐々に明かされてきた。 母は小説を書いている時が一番解放されている。理有はそれを理解していた。だから、母が小説の世界に没頭できるように、家事や事務的なことを懸命に担った。 だが…
>>続きを読む

 次の表現がおもしろかった。「俺は人と共感を糧にするようなコミュニケーションを取らないからね」「どういうこと?」「同じものに喜んだり悲しんだりして仲良くなっていくようなコミュニケーションは取らないってことだよ。(略)」 共感を得ることとコミュニケーション…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第52回2016/10/24 ママが理有の考えている通りの人だとしても、それにはっきりと気づくには子どもの内は無理だと思う。 離婚してからのママと杏の行動を考えると、理有は三人の中で自分だけはしっかりしなければと思ったに違…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第51回2016/10/23 理有は、誰を愛し、誰に愛されてきたのだろうか。 父とフランスにいたときの理有は、父に守られていたと感じているようだ。 両親の離婚後、母と姉妹の暮らしの中で、理有があんなにがんばったのは、誰のた…
>>続きを読む

 この作者の表現の魅力だ。え、と声が出て、胸元にじわっと墨汁を垂らされたようなもやもやを感じる。え             「エッ」とは違う語感。じわっと もやもや   感触が伝わる。これも、平仮名がしっくりくる。墨汁月並みな比喩なら「インク」だろうが、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第50回2016/10/22 人前で、特に杏に見せている理有の冷静さが、表面だけのものであることを感じる。 理有は、母から抜け出せていない。 「なんか久しぶりに人の手料理食べて」(48回)と、今まで味わっていなかったものを感…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第49回2016/10/21 光也の部屋かと思っていたら、喫茶店だった。部屋に行くには、まだ早すぎるか。 「お姉ちゃんたち」、光也の姉か?しかも一人じゃない。光也は姉と叔母と一緒に暮らしているのか? 理有が自分の家族につい…
>>続きを読む