本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2016年11月

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第62回2016/11/3 理有も杏も、母の死から一歩も抜け出していないと感じる。 理有は、光也が母の読者であったことを知った途端に、光也の顔を見ることさえできなくなっている。 杏は、「夢」という言葉から、ママと姉と自分の…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第61回2016/11/2 理有ちゃんに恋人ができたかもしれない。その彼は理有ちゃんの行っている美容室の美容師かもしれない。それだけで、初めての美容室に、しかも彼氏も一緒に行くものなのか? こんな聞き方をしたら、広岡さんに…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第60回2016/11/1  落とした飴を拾うか捨てるか、などということでは全然なかった。 このエビソードは何を語っているのか。杏が思うように、理有の視点なのか、私にはわからない。 ただし、杏が祭りに参加する人で、理有は祭…
>>続きを読む

 60回に、作者によるあらすじが載った。引用する。 《作家だった母の死に関わったという秘密を抱える杏(あん)と理有(りう)の姉妹。杏は、真面目な姉の理有が美容師と不倫していると疑い始める。仲直りした交際相手の晴臣(はるおみ)と二人で、姉の通う美容室を訪れる…
>>続きを読む