本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2017年06月

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第176回2017/6/30 『国宝』の主人公喜久雄が、生き生きとした人物として感じられる。 小説の冒頭から第六章までは、主人公を、ヤクザの親分の息子に生まれ、その後歌舞伎役者の家に引き取られ、歌舞伎役者となって人気を得…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第175回2017/6/29 辻村を対象に、襲名激励会と新年会の類似172回感想を連想した。 類似の対象は辻村ではなく、喜久雄の父であった。権五郎は実の父で、半二郎は今や実の父に勝る存在だ。喜久雄は、二人の父を失うのか。 二…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第174回2017/6/28 幸子に、不満を思いっきりぶっつけられた喜久雄は、言い訳は一言もせずに、次のように言っていた。 「女将さん‥‥‥。よう分かりました。もう、そんなに苦しまんでええですわ。‥‥‥辞退します。旦那は…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第173回2017/6/27 いつも崖っぷちにいるのが、喜久雄だ。 父が襲撃された時に出ていけば、どうなっていたかわからない。それを、徳次とマツが止めた。 長崎の映画館で中学生のワルたちに襲われたときは、徳次がいなければ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第172回2017/6/26 第一章料亭花丸の場の新年会を思い出させる場面だ。長崎の料亭花丸は、喜久雄の亡き父権五郎が勢いの絶頂にあり、そこから奈落の底へ突き落とされた所だった。今回の東洋ホテルは、辻村が場を取り仕切り、…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第171回2017/6/25 敗戦後の昭和の風潮として、人間の生き方は運命に支配されている、というとらえ方は流行らなかった。その逆で、人は夢をもち努力すればどんなことも成し遂げられる、というとらえ方の方が歓迎された。 『…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第170回2017/6/24 もしも、喜久雄が常識も経済観念もある男だったら、幸子はこんなふうに胸の内をぶちまけはしなかったと思う。  世の中が、常識と分別がある人ばかりでは息が詰まる。喜久雄が隙だらけで、女性関係につい…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第169回2017/6/23 今日の挿絵が、幸子の内面を見事に表現している。いくら言っても、半二郎は黙して語らずだし、女将の立場では、愚痴を言って回るわけにはいかないだろう。その苛立ちが溜まりに溜まってしまったというとこ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第168回2017/6/22  幸子の思いは、複雑だ。①代役が喜久雄だと聞かされたときの幸子は、それを信じられず、半二郎に食ってかかろうとした。(140回)②俊介が置手紙を残して消えたときの幸子は、茫然自失となった。そして、…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第23回2017/6/16 第五話 篠村兄弟の恩寵(おんちょう)①あらすじ 靖(兄)と昭仁(弟)の兄弟は、奈良FCを応援し、いつも試合を観に行っていた。昭仁は、奈良FCの選手の中…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第167回2017/6/21松王丸  ①「源蔵」が匿っている「菅原道真」の若君、「管秀才」の首実検をする立場。②忠義に従えば、かつて仕えていた「菅原道真」の子「管秀才」の命を助けねばならぬ。③「源蔵」が「管秀才」の身代わ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第166回2017/6/20  今まで一度も物語上では描かれていないが、半二郎は、喜久雄に大きな負い目を感じていることと思う。 そして、喜久雄に負い目を感じている以上に、俊介のことを愛していると思う。 勝手な推測ではある…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第回2017/6/19  この喜久雄は、人気が出てそれがたちまち下火になった頃であろう。半二郎の代役といいながらも、主役の大舞台を踏んだこともあり、人気が下降気味としても注目されている役者だ。その喜久雄がここまで半二郎…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第回2017/6/18  このまま半二郎が治療を受けずにいると、突然の失明もあり得る。もしも、そうなったら以前の交通事故どころの騒ぎではない、花井半二郎一門が危機的な状況になる。 半二郎が「花井白虎」の襲名どころか、舞…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第163回2017/6/17 主人公が急に身近な存在になった。「嘘やろか? 嘘ちゃうよな?」 半二郎の養子になり、三代目半二郎を襲名したい、そうすればもっといい役もつく。 本来なら三代目半二郎を襲名するはずの俊介に帰って…
>>続きを読む