本屋のとなりは写真館

朝日新聞連載小説『国宝』『ディス・イズ・ザ・ディ』の毎回ごとの感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2017年06月

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第162回2017/6/16  描写は深入りしなかったが、どうも次の二つのことが伝わってくる。①喜久雄は、女性に対して自分が男性であるということを誇示しようとしている。少なくとも、赤城洋子に対しては。②喜久雄は、歌舞伎の…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第161回2017/6/15 洋子の前にも、春江と市駒だけではない女性経験をもつと思われる喜久雄だが、こういう迫り方をされるのは初めてだろう。 喜久雄は、十七の時の初舞台で次のように感じている。(略)何よりも舞台に漂って…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第160回2017/6/14 前回に感じた以上に不思議で、そして、これこそが喜久雄の個性だといえることが今回に書かれている。 育ての母のマツがいかに喜久雄へ愛情を注いできたかは、繰り返すまでもない。 喜久雄が半二郎の代役…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第159回2017/6/19 喜久雄が突拍子もない生き方をする主人公であることは、もう十分にわかっていた。それにしても、昭和のこの時代を生きる男しては、いくら人気が出た歌舞伎役者としても、この女性関係には驚かされる。  …
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第158回2017/6/11 喜久雄の個人的な生活の細々したところは、相変わらず徳次が面倒を見ている。今や、人気役者となった喜久雄の表には出したくない部分の尻拭いの全部を徳次がしているようだ。 また、歌舞伎役者としては、…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第22回2017/6/9 第4話 眼鏡の町の漂着⑥ 第4話 了あらすじ 鯖江アザレアSCと倉敷FCの試合の前半は0-0だったが、終了間際に鯖江が得点し勝った。 誠一が応援していて、香…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第157回2017/6/10 人好きがする、なぜか憎めないという人はいるものである。徳次がそうであろう。けんかっぱやいし、嘘はつくし、騙されるし、信用のできない男だ。だが、なんともおもしろい奴だ。 喜久雄は、常識がないし…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第156回2017/6/9 半二郎のカッコよさをまた感じる。①喜久雄が大阪に来る前から、義太夫の師匠に稽古を頼んであった。②マツからの仕送りを貯めていて、頃合いを見計らって縁起のいい金額にして喜久雄に通帳を渡した。③徳次…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第155回2017/6/6 半二郎が、喜久雄のことをどう見ているかが、前回と今回に書かれている。 喜久雄を今のまま東京に出しても潰れる。先が長いのだから、今潰したくはない。ここには、半二郎が喜久雄の実力を見抜いている面と…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第21回2017/6/2 第4話 眼鏡の町の漂着⑤あらすじ マスコットのつつちゃんのいる屋台で、誠一が買い物のために並んでいるとバスの中で話した眼鏡の女性が現れる。誠一は、屋…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第20回2017/5/26  第4話 眼鏡の町の漂着④あらすじ 誠一は、解散したヴィオラ西部東京の最終試合のことが未だに忘れられない。それは、雨の中での負け試合だった。そのヴィ…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第19回2017/5/19 第4話 眼鏡の町の漂着③あらすじ 誠一は、倉敷FCのディフェンダーの野上を観るために、スタジアムに来ていた。携帯で倉敷のスターティングメンバーを確か…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第154回2017/6/7 歌舞伎役者としての喜久雄の本当の力が、だんだんに分かってきた。いかに、稽古に打ち込もうと、たかだか四年になるかならないかの経験では、人気が出てもこんなものなのだろう。 そうなると、その経験不足…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第153回2017/6/6 今日の挿絵は、舞台用のかつらと小道具に見える。だが、興行面の思惑だけで、動かされている喜久雄の姿と見ればそうも見える。全ての物事は、視点によって全く違う様相になると思う。 もしも、喜久雄の心情…
>>続きを読む

第126~150回 第六章 曽根崎の森の道行 あらすじ 楽な儲け話があると北海道へ向かった徳次と弁天だったが、その話は全く違っていて、二人は辛い労働をさせられる。騙されたことに気づいた二人は、出発から一月後には北海道の飯場を逃げ出す。無一文の二人だったが、見ず…
>>続きを読む