本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2017年12月

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第343回2017/12/19 この小説の脇役的な登場人物にはある特徴がある。その人物が関わる事件にどんな決着がつくのだろうと期待していると、決着が分からぬまま、その件が終わりになってしまう。だから、その脇役もその場面だけ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第342回2017/12/18 喜久雄は、鶴若の生い立ちとその苦労を知らないと思う。喜久雄が知っているのは、鶴若が万菊と並ぶ女形となってからだろう。だから、力も人気もある鶴若が、後ろ盾を失った若い喜久雄にひどい仕打ちをした…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第341回2017/12/17 ひどい仕打ちを受け、「死ね」とまで思った相手であり、今もこちらからの丁寧な挨拶に返事もしない。そんな相手でも、あまりにひどい扱いを受けているのを見ると、人としてかわいそうに思う。それが人情と…
>>続きを読む

朝日新聞夕刊連載小説・津村記久子作・内巻敦子画『ディス・イズ・ザ・ディ 最終節に向かう22人』第42回2017/11/10 第8話 また夜が明けるまで③あらすじ 文子は、迎えに来たゆみちゃんと一緒に帰らなくてもよくなって、一気にモルゲン土佐のことを考え始める。車のドアに…
>>続きを読む

 苦しい立場に追い込まれた時、主人公の喜久雄は文句を言わず、じっと耐え、そこに魅力を感じる。 ところが、人気が出て、うまく回っている時の主人公にはどうも魅力を感じない。理由の一つは、主人公が苦境から這い上がる時は、いつも他からの力に救われているからだと思…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第339回2017/12/15「ほんま長いことかかったけど、坊ちゃん、とうとうあの鶴若に勝ったんやな」 徳次がこう言っているのだから、徳次と一緒に感慨に浸りたい。しかし、喜久雄が鶴若に勝ったと、手放しで喜ぶ気持ちになり切れ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第338回2017/12/14 夜の街での徳次人気、なぜなのか。夜の街で羽振りが利くと言えば、先ずは金離れがよいことだろう。三代目半二郎や弁天は、言うまでもなく湯水のごとく金を使うであろうが、徳次はそのおこぼれに預かってい…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第337回2017/12/13 喜久雄の役者としての活躍ぶりは、今までで最も華やかだ。それに、徳次も彼の得意とするところがよく出ている。 それなのに、今回冒頭では、幕を下ろして誰もいなくなった劇場の重苦しさが書かれている。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第336回2017/12/12 厳しい稽古を重ねても、いい役がつかないことにはどうにもならない。いい役がついても、その役を完璧にこなさなくてはならない。いい役を完璧にやり遂げても、それが人気を得なければならない。 いい役を…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第335回2017/12/10 この『春興鏡獅子』の舞台の時に、喜久雄と俊介は三十代と四十代の境目ということになる。ここから、十年、二十年経つとどうなるか。俊介の「唸るほどに粋」はますます磨きがかかりそうだ。そうはいかない…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第334回2017/12/9 小説中で年代がはっきりと出てきたか所を、記憶を頼りに書き出してみる。昭和39(1964)年元旦。 喜久雄と徳次は、新年会の余興で「積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」を踊る。その踊りを花井半二…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第333回2017/12/8 私にとっても、グッと近い時代の話になってきた。私みたいなサラリーマンであっても、給料は毎年上がるものだったし、わずかでも銀行に預けておけば、3年ほどで預金が増えたと実感できる時代だった。 徳次…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第332回2017/12/7 エンタメより文芸作品の価値が高いとは思わない。そこをおさえた上で、小説『国宝』が、単なる娯楽作品ではなかったといえる。昭和に生きた歌舞伎役者とその周囲の人々を描く小説だと思う。324回感想 それ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第331回2017/12/6 二代目半二郎が思い描いた俊介と喜久雄は、今ここで言葉を交わしている二人の姿だったのかもしれない。 喜久雄と俊介、三代目半二郎と半弥が、ここに到るまでに経験した苦しみを思うと、役者というのは過…
>>続きを読む