本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2018年02月

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第409回2018/2/25

 京都の夜、焚火を囲んでいた市駒、俊介、喜久雄がそれぞれ老いた。
 どんなに平均寿命が延びようが、老いは確実がやってくる。喜久雄は、老境に入ることを、今後どのように受け止めるのだろうか?

「(略)不思議なもんで、病気じゃないって分かりゃ、けろっと元気になるんだよな」

 言葉は元気な市駒と喜久雄だが、やっていることは孫の写真に相好を崩しているおじいさんとおばあさんだ。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第408回2018/2/25 

 場面は、平成の日本であるのに、あまりにも特殊な光景とも言える。喜重が喜久雄の孫であることは間違いないし、綾乃は娘で、横綱大雷は婿だ。ところが、喜久雄には、妻だけとは言いながられっきとした家庭が別にある。
 さらに、妻の父、義父の吾妻千五郎は歌舞伎の名門役者でありながら、喜久雄が名乗っているのは、丹波屋の名跡三代目花井半二郎だ。
 現在の喜久雄に欠けるものはないのだが、このねじれともとらえられることは、今後の喜久雄に影響するように思われる。
 そして、このことはまるで、最期の舞台に立つための準備しているような俊介の存在にも関わるのであろう。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第407回2018/2/23

 手放しで喜びに浸っている喜久雄がいる。
 喜久雄がどんなに応援しても、荒風関の相撲人生は寂しいものだった。喜久雄が最も悲しい思いをさせられたのは、綾乃が荒んだ生活に落ち込んだ時だ。
 寂しい思いを重ね、悲しい思いを散々味わったからこそ、心からの喜びを感じられるのだと思う。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第406回2018/2/22

 何かをみているわけでもなく、何かを考えているわけでもないからっぽの体、しかしそのからっぽの底が、そんじょそこらのからっぽの底とは違い、恐ろしく深いことが(略)

 これは、武士という新しい登場人物のことを言っている文章だ。だが、これほど喜久雄のことを表している表現は今までなかったと思う。喜久雄は、運命のままに生きているととらえていた。そこには、他律的で、合理性の無さが感じられた。そして、それは作為の無さと理知を超える大きさにも通じていた。
 損得を計算し、理知で物事を判断する生き方と、対極にある生き方を喜久雄はしてきている。それこそ、「からっぽ」なのだろう。その「からっぽさ」が「恐ろしく深い」のだと思う。それが、喜久雄の魅力の根源だと感じる。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第405回2018/2/21

 喜久雄が、実力と人気の備わった歌舞伎役者となったことが感じられる。
 武士への声のかけ方が、粋だ。粋であって、後進の歌舞伎役者のことを育てようという狙いをきちんと持っている。
 俊介に対する応え方も、俊介だけでなく、一豊と春江のことも、興行面にも目配りが効いている。
 喜久雄自身の精進と、周囲の支えと、何よりも喜久雄の運命が、彼をここまで育て上げたのだ。今の喜久雄には、思い入れの深い「三代目半二郎」よりもより由緒のある名跡がふさわしいのかもしれない。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第404回2018/2/20

 この小説の山場が近づいてきたように思う。

 喜久雄が万菊の魔力を断ち切るように、隣の俊介に目を向けますと、やはり何かに憑かれたように舞台を凝視しております。
「こんなもん、ただの化け物やで」
 何かから逃れるように、笑い飛ばした喜久雄の言葉に、このとき俊介は次のように応えます。
「たしかに化け物や。そやけど、美しい化け物やで」と。
 実はこの日、二人が目の当たりにした小野川万菊の姿が、のちの二人の人生を大きく狂わせていくことになるのでございますが、当然このときはまだ二人ともそれを知る由もございません。(95回 第四章 大阪二段目 20)

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第403回2018/2/19


「(略)さすがにもう元通りにはならへんで」

 この事実を受け容れて、しかも捨て鉢にならないことが重要なのだ。この境地にたどり着いている俊介だからこそ、今の彼にできる役が見つかる可能性があると思う。俊介自身も家族も、俊介に残された時間が長くはないことを、感じ取りながら俊介の願いを叶えたいと必死に願っている様子が伝わって来る。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第402回2018/2/18

 共演の役者の芸の未熟さに苛立っていた喜久雄が、後進の役者に目配りができるようになった様子が描かれている。二代目半二郎が、喜久雄に素質を見出したように、喜久雄は自分の子の世代である武士に女形の将来性を感じたようだ。

 俊介は、足を切るしかなかったのだ。両足をなくしてはいるが、俊介がしっかりしていることが感じられる。

 廊下でからりとした笑い声が立ったのはそのときで、(略)

 笑い声の主は俊介だった。諦めねばならないことは、諦めきった俊介の心情が感じられる。

(略)慣れた様子で義足につっかけたスリッパを脱いで楽屋へ上がってまいります。

 辛さに堪えてリハビリに励んでいる様子よりも、義足を受け入れて、日常生活を送っている様子の方が安心させられる。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第401回2018/2/17

 恐らく、前回の場面からは年単位の時間が経過しているのであろう。
 喜久雄は、自分の人気と芸を高めるだけでなく、周囲の役者や黒子のことにまで気を配ることができる存在となっていることを感じる。
 俊介については、足を切断するしかなかったであろうが、その後に二通りの予想だ立つ。どちらも、破滅へと向かう姿ではない。
①足がないことを隠さずに、役柄を選び、独特の解釈を加え、白虎でなければできない舞台を創りつつある。
②舞台には二度と立たない決心をする。丹波屋を喜久雄に任せ、俊介自身は世間から身を隠すようにしながら、歌舞伎の研究に没頭した。俊介の歌舞伎への見識がだんだんに認められ、歌舞伎の研究者として、劇評家として、また後進の指導者として、大きな存在になりつつある。

 片足を失った時は、その順調そうな復活の様子を描かれても、逆に不安を感じさせられた。今回は、根拠はないが、むしろ俊介の新たな姿を感じさせられる。

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第400回2018/2/16

 喜久雄の言葉で考えてしまう。
 二代目半二郎、先代白虎は、なぜあそこまでやったのだろう?

 自分の代役を考えた時に、喜久雄の方が俊介よりは、芸が上だったと思えるが、それもわずかな差であったろう。自分を継ぐべきは俊介であり、俊介本人のことを思えば、代役を喜久雄に回そうと考える余地はなかったはずだ。

 眼がほとんど見えなくなっているのに、舞台に立ち続けたのはなぜか?自分の人気のためでも、借金返済のためでもなかったと思う。
 喜久雄本人のこと、出奔中の俊介に期待することは大きかったと思うが、それよりももっと重いものに突き動かされて、見えないままに舞台に立ち続けたし、舞台にいるのさえ苦しかったはずなのに、襲名披露の口上を述べようとしたのだと感じる。


「俊ぼん、旦那さんはな、最後の最後まで舞台に立ってたよ。」

 死に際に駆け付けた喜久雄が耳にしたのは、俊介を呼ぶ先代白虎の叫びだった。そういう思いをした喜久雄が俊介にかけた精一杯の言葉だった。
 が、今の俊介には、喜久雄のこの思いも届かぬのではないか?

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第398回2018/2/14

 順調に見えるリハビリの様子しか描かれていなかった。春江が俊介を支え励ます様子は見えなかった。一豊も父を心配する気配はなかった。その分を俊介一人が背負い込んでがんばり抜いたのか?
 俊介が出奔したのは、丹波屋の御曹司でありながら父の代役を務められなかったという自責と、周囲の非難に耐えられなかったからだろう。
 なにがなんでも完全な姿で復活しなければならなかったのは、白虎という名跡と一豊を含む丹波屋のためだろう。
 実力と人気は、獲得するまでは願望と希望の対象だが、それを手にすると、それを維持しなければならないという重荷になってしまうものなのか?

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第397回2018/2/13

 襲名披露が見事に成功し、源さんへの恩返しもでき、その後のテレビドラマでは歌舞伎以外の場で大評判となった。それでも、俊介には暗い影がつきまっとっていた。俊介の全盛期はそう描かれていた374回感想と思う。

 足を失ってからの俊介が、必死の努力で一歩一歩復活へと歩んでいく様子が描かれていた。だが、それをそのままに受け容れられない何か387回感想が描かれていたと思う。
 
 今回の表現の細部が心に沁みる。

 浴衣姿の俊介が座布団の上で体を崩し、ちょっと足を投げ出します。足といってもすでに義足はとれており、肉の引き攣れた膝が浴衣からちらっと見え、(略)

(略)痛み止めと書かれた薬袋があり、横には飲んだばかりらしいカプセル剤の空き容器が投げ置かれております。

「おっ、俊ぼんも?」
と笑いながら鏡台にあった白髪染めを手にしたのでございます。



 どんなに努力しても、失ったものを、以前のままに取り戻すことはできない。若手の役者としての、男としての全盛期を過ぎた二人の姿が描かれていると感じる。

↑このページのトップヘ