本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2018年02月

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第396回2018/2/12 喜久雄と俊介は、血のつながらない二人ではあるが、これほど深い因縁もないほどの間柄だ。それなのに、今までこの二人は、互いの舞台について批評めいたことを言い合った場面の記憶がない。 これほど、深…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第395回2018/2/11 現実の世の中では、喜びと悲しみは等分だと思っている。若い頃はそうは思えなかったが、この頃は身のまわりの出来事を、悪い事ばかりではないし、良い事が続くこともないと、とらえるようになってきた。だ…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第394回2018/2/10 以前から感じていた。喜久雄、俊介よりもマツ、幸子の方が、人物像がはっきりと感じられる。 綾乃の背景もくっきりしている。役者に認知された子で、母は芸者。それなのに、綾乃は、男勝りで元気いっぱい…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第393回2018/2/9 喜久雄、俊介、徳次は、昭和二十三~二十五年生まれの設定なので、団塊の世代に入るだろう。昭和生まれながら一豊と綾乃は、団塊の世代の子の世代になる。 綾乃の妊娠を知らされ、彰子に「おじちゃんだ」と…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第392回2018/2/8 めぐり合わせというものは、あるものだ。 俊介の父は、同時襲名披露の舞台で倒れた。俊介は、同時襲名披露の舞台は無事に終えたが、その後の公演で、病に襲われた。 綾乃は、春江の下に預けられて、立ち直…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第391回2018/2/7 復帰はできない。努力しても、工夫しても、手術前のような舞台は勤められない。「現実を受け止めてください。半年かかるか、一年かかるか、それでも痛みは必ず消えていきますから」 俊介は、自分の病状と脚…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第390回2018/2/6 動揺する春江、現実を十分には捉えられない喜久雄。それに、反して覚悟を決めた俊介。三人三様の心理状態が伝わってくる。 春江の慌てふためく様子が初めて描かれた。冷静さを失って当然のできごとではある…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第389回2018/2/4 東京へ戻って、考えられる限りの高度な医療設備を備えた病院で、最高の医師の診断を仰いだのであろう。その結果と思われるので、この診断は、揺るがない。 今までは、どんな逆境にも、春江はたじろぐことな…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第338回2018/2/3 俊介は、父と同じように健康状態に関して、全く無防備だったことが分かる。この点については、幸子も春江も注意を払っていなかったようだ。これは、喜久雄にも当てはまるかもしれない。 医師に、重篤な症状…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第386回2018/2/1 歌舞伎の舞台に戻ってからの俊介は、万菊の協力があったとはいえ、自身が芸を磨いて、ここまでやってきた。今回のテレビドラマ出演は、自分から狙ったことではないが、今までの精進が実ったと見ていい。  …
>>続きを読む