本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2018年04月

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第426~429回2018/3/14~3/17・第十八章 孤城落実1~4 俊介と一豊は、まるで同じ道を歩んでいるようだ。 人気が出ると遊び歩く、翌日の舞台に差し支えるほど深酒をしてしまう。それを意見されても、反省する様子もない。…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第412回2018/2/28~第425回2018/3/13 第十七章 五代目花井白虎 俊介が逝った。 五代目花井白虎として果たすべきことを果たして去って行った。 春江に、幸子に、俊介は伝えるべきことを伝えていたように感じる。 喜久雄…
>>続きを読む