本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2018年05月

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第489回2018/5/18 五十年ものあいだ、秘されてきたこの真実が、おそらく今の喜久雄を作り上げたのでございましょう。しかし今その真実を知らされた喜久雄の目に映るのは、なぜか笑いかけてくる徳次の顔なのでございます。(4…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第488回2018/5/17 これくらいのことでは、春江は動じない。 幸子は、我が子を押しのけて二代目半二郎の代役を務めた喜久雄の面倒を見た。喜久雄のことを、この男さえいなければ、俊介が辛い目に遭わなくって済んだはずとい…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第487回2018/5/16 うまいものだ。どこをどう描けば、この竹野のような登場人物を生みだせるのか。 竹野は、喜久雄に悪辣なことしていた。綾乃の解けることのなかった喜久雄への憎しみも、竹野の画策が原因になっていた。な…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第485~486回2018/5/14~5/15 歌舞伎役者として当代随一の位置に君臨する喜久雄が描かれている。そして、その姿が寂しく、痛ましい。 歌舞伎女方の芸術上の価値。その女方としての喜久雄の高度な技法。さらに、歌舞伎役者と…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第482~484回2018/5/11~5/13 マツ、幸子、春江、市駒、彰子、この小説は男の物語であると同時に女の物語だ。 登場する男たちは、実生活では、どこか頼りなく、弱い。逆に、登場する女たちは、いずれもしっかりしていて、強…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第478~481回2018/5/6~5/10 死を直前にした辻村の告白。 告白を聴いたことと告白の中身は、事実だ。 喜久雄が見ている光景(480回)。 それは、きれいだが、幻だ。「小父さん、もうよかよ。綾乃の言う通り、父親ば殺した…
>>続きを読む

朝日新聞連載小説『国宝』吉田修一・作 束妹・画第476 477回2018/5/4~5/5 時間は、すべてを飲み込むと強く感じた。 俊介と一豊の同時襲名から二十年が経っていた。俊介は、亡き人となり、喜久雄と殴り合い、出奔していた俊介の復活のために、喜久雄を悪者にしたあの竹野…
>>続きを読む

国宝 第十九章 錦鯉 第451(2018/4/8/)~475(5/3)回 感想 喜久雄がたどり着いた境地がここなのか? 見えないものを見、現実ではなく、かといって理想ともいえない景色の中にいる。 狂人の目に見えるのが、もしも完璧な世界だとすれば、喜久雄はやっと求めていた世…
>>続きを読む

国宝 第十八章 孤城落日 第426(2018/3/14)~450(4/7)回 感想 一豊の事故のことがこの章の中心だ。しかし、春江のことが一番心に残った。 春江は、長崎で刺青を入れた頃から自分の運命を呪い、その運命に負けまいと生きてきたと思う。自分の辛かった過去を象徴する…
>>続きを読む

国宝 第十七章 五代目花井白虎 第401(2018/2/17)~425(3/13)回 感想 両脚を失いながら舞台に立ち続ける俊介、五代目花井白虎に歌舞伎役者としての執念を感じる。ようやく、舞台に出ているという体調ながら、その演技が観客の心を打つのは、喜久雄と二人での役作りが…
>>続きを読む

国宝 第十六章 巨星墜つ 第376(2017/12/27)~400(2018/2/16)回 感想 見世物小屋で化け猫を演じた俊介に、万菊が言った。「‥‥今の舞台、しっかり見せてもらいましたよ。‥‥あなた、歌舞伎が憎くて憎くて仕方ないんでしょ」 一瞬、俊介の視線が揺れます。「‥‥で…
>>続きを読む

第十五章 韃靼の夢 第351(2017/12/27)~375(2018/1/21)回 感想 ずうっと知りたかった春江の生い立ちが、語られた。 春江の母は、男に左右される生き方しかできなかった。その母に寄生している男に、春江は三歳ころから暴力を振るわれてきた。春江は、この男、松野に…
>>続きを読む

国宝 あらすじ 第十八章 孤城落日 第426(2018/4/8)~450(5/3)回 『藤娘』を舞う喜久雄の目の前に、舞台に上がってきた若い男性客が立つという事件が起こった。喜久雄はこの時に、舞台と客席にあるはずの何かが破れ落ちたという感覚にとらわれた。(第十八章) 喜久雄は…
>>続きを読む

国宝 あらすじ 第十八章 孤城落日 第426(2018/3/14)~450(4/7)回  喜久雄は、亡くなった俊介から息子一豊(二代目花井半弥)の面倒を見ることを頼まれていた。喜久雄は、俊介に頼まれるまでもなく、一豊の後見人となることを心に決めていた。だが、俊介亡きあとの…
>>続きを読む

国宝 あらすじ 第十七章 五代目花井白虎 第401~425回 俊介は、残った片足をも切断せねばならなかった。 両脚を失うことを突き付けられて、舞台復帰に絶望していた俊介に、「俊ぼん、旦那さん(先代白虎)はな、最後の最後まで舞台に立ってたよ」と喜久雄は言う。(第…
>>続きを読む