本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2018年07月

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第回2018/7/30 朝日新聞 姉が話したいこととは、別れて会うことのなかった父についてのことだろう。 姉が緊張している様子から、家を出て行った父が、その後安定した生活を送っていたとは想像しづらい。不安定な生活を…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第57回2018/7/29 朝日新聞 現役を引退した七十歳の子が、介護の必要な九十歳の親の面倒を見る。これは、過去の社会では稀なことだった。 退職をした六十歳の親が、職に就いている四十歳の子に援助をする。これも、今ま…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第56回2018/7/28 朝日新聞 この小説のストーリー展開は、平坦な感じだ。淡々と話が進んでいるが、各章の話題は広がっている。①別れた父への洋一郎の思い出。②洋一郎と大学同期の佐山、紺野の事情。③一人息子を亡くし…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第55回2018/7/27 朝日新聞 私と大学同期の友人の中で、最近最も生き生きとしているのは、孫の世話をしなければならないという人だ。その人は、自分の子どもの子育ては奥さん任せであったが、いろいろな事情から孫を育て…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第54回2018/7/26 朝日新聞 どんな思い出も、時間と共に薄れていく。 心の底からの悲しい思いは、時間が経っても薄れることはない。 このどちらも真実だと感じる。 万葉集の柿本人麻呂の歌にある。万葉集 巻2 211万…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第53回2018/7/26 朝日新聞 我が国で、アメリカのような発想で、老人だけのコミニュテイを作る計画が出て来ないのは不思議だ。国による伝統や文化の違いだと言えば、その通りだろう。それだけではないような気もしてくる…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第52回2018/7/24 朝日新聞 納得した。 「失独家庭」という言葉を初めて聞いた。  私たち夫婦は、「失独家庭」ではない。 けれど、私たち夫婦は、老後を自分の子どもと一緒に住もうとは思わないし、自分たちの葬儀は…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第51回2018/7/23 朝日新聞 深い無念と、やりきれない思いが──。 仁美さんが、心の底で芳雄くんの級友たちを恨んでいたのか、と思っていた。でも、そうではなかった。佐山夫婦は、息子の死を受け容れようと努力してい…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第50回2018/7/22 朝日新聞 見殺しにされたんだよ、芳雄は──。 これは、仁美さんだけでなく、佐山本人の思いなのであろう。佐山夫婦の思いは、共感できるし、考えれば考えるほどこのような考え方になると思う。 しか…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第47回2018/7/19 朝日新聞 佐山夫妻が一人息子を亡くした心情については、無神経にはなれない。しかし、友人である洋一郎が子どものことを話題にすることに、いちいち気を遣うのは無理からぬことではあるが、共感はでき…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第46回2018/7/18 朝日新聞 洋一郎がやっているいろいろな工夫は、入居者の気持ちに響くものだと思う。 建物本体と施設設備が完備していることが、老人ホームの価値を決定するものではないだろう。老人ホームにしても、…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第45回2018/7/17 朝日新聞 人は、いつか人生のゴールを自分なりに考えようとすると思う。佐山もその時期を迎えているのであろう。しかし、一人息子に先立たれた境遇にあるとはいいながら、年齢としてはまだ早い。 やは…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第44回2018/7/17 朝日新聞 私は、幼稚園に行かなかった。私が住んでいた地方では、保育園や幼稚園がまだ一般的でなかった。現代は、幼児が保育園や幼稚園に入るのは当たり前だ。むしろ、入れないことが社会問題となって…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第43回2018/7/15 朝日新聞 「サ高住」のことが、はじめて明確にわかった。言葉は知っているし、興味はあるが、具体的にそこに住んでいる人を知らないと、理解はおおざっぱなものになる。同様に、有料老人ホーム、グルー…
>>続きを読む