本屋のとなりは写真館

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 の感想と、読んだ本の感想を更新しています。

2018年07月

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第42回2018/7/14 朝日新聞  佐山の理由について考えてみたが、わからない。先に予想してみた40回感想が、どれも当てはまらない気がする。 佐山夫婦がもし五十代で有料老人ホームに入るとなると、夫婦の自宅や事務所だ…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第41回2018/7/13 朝日新聞 老人になると、子どもに戻る面があるという。子どもの頃の成長と、老齢期の加齢による老化とは、逆の作用ながら、長生きした人間はその両方を体験する。 子どもの六歳と十六歳のギャップは大…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松 清・作 川上和生・画 朝日新聞 第一章 臨月 あらすじ  「私」(長谷川 洋一郎)と紺野と佐山は、大学時代からの友人だった。この三人が、顔を合わせたのは『よしお基金』の年次報告会だった。 『よしお基金』とは、一人息子を亡くし…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第40回2018/7/12 朝日新聞 佐山からの相談事とは、有料老人ホームの件ではないと思っていたが、まさに有料老人ホームへ入居する可能性についての相談だった。 佐山のように五十代で有料老人ホームに入ろうとする感覚は…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第39回2018/7/11 朝日新聞  七十歳を過ぎた夫婦が、有料老人ホームに入ることを考えるのは、不自然ではない。それにしても、夫婦が二人とも健康であれば、いずれはという段階だろう。 佐山のように五十五の夫婦が、有…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第38回2018/7/10 朝日新聞「夫婦で入っても、いつまでも二人でいられるわけでもないだろ?どっちか一人になったとき、2LDKだとやっぱり広すぎるしな」 こういう話は貴重だ。 今は、若い単身者用と五人未満の家族用の…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第37回2018/7/8 朝日新聞 高齢者サービスが充実してきている。それと同時に、高齢者サービスがビジネスチャンスでもあるとされるようになった。儲けのタネになるとなれば、悪質な施設やサービスが横行するのは、残念な…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第36回2018/7/7 朝日新聞 『すこやか館』『やすらぎ館』、いかにもありそうなネーミングだ。高齢者を取り巻く社会の変化は目覚ましいが、「老人ホーム」にはまだ暗いイメージが残っている。そういうイメージを払拭する…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第35回2018/7/6 朝日新聞 佐山は『ハーヴェスト多摩』に強い興味があるようだ。佐山夫妻だけでなく、六十歳以上の幅広い年代の人々にとって、新しいタイプの老人ホームは興味深いことだと感じる。 介護付き有料老人ホ…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第34回2018/7/5 朝日新聞 夏子は、孫のためにベビーバスやベビーベッドを準備した。こういうことが洋一郎にはできないのだろう。 私もそうだ。ベビーベッドが最近はレンタルであるというのを知っていたが、具体的にど…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第33回2018/7/4 朝日新聞 高齢者向け施設が普及する速さには驚く。私の世代は、自家用車とパソコンの普及のスピードを経験した。しかし、高齢者の増加とそれに対応しようとする制度の変化は、前の二つを上回る。 主人…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第32回2018/7/3 朝日新聞 同じ大学を卒業して、互いの結婚式に招き招かれた間柄でも、職種が違うとだんだん疎遠になる。佐山と紺野と洋一郎もそうだったのであろう。その三人が退職が近づいた年齢になって、顔を合わせ…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第31回2018/7/2 朝日新聞 同じ年頃の子を持つ母親同士の共感は、父親同士とは違うのだと改めて思う。 一人息子を喪って、佐山夫妻の生活がすべて変わってしまったことがわかる。そうなるのも無理からぬことだと思う。…
>>続きを読む

新聞連載小説『ひこばえ』重松清・作 川上和生・画 第30回2018/7/1 朝日新聞 佐山の相談の内容がだんだん明らかになって来る。紺野には話しづらいことで、洋一郎だけでなく妻にもかかわることのようだ。 だとすると、「よしお基金」のことではなさそうだ。洋一郎の子ど…
>>続きを読む