朝日新聞連載小説『春に散る』4月1日分  道を進みながらその途中途中で物語も進むというスタイルの映画があります。こういうスタイルの映画、ロードムービーが好きです。   『春に散る』の第1回は、次のように、  アメリカの国道1号線、ルート1は、 と道路の説明から始まります。  挿絵(中田春彌画)からも明るく広大な風景の中を貫く1本の道がイメージできます。  ところが、このルート1を走って行くのは、 いま、そのルート1のマイアミからキーウェストに向かう車線に一台のタクシーが走っている。 とあります。  長距離トラックでも、スポーツカーでもなく、ビジネスライクなセダンでさえなく「タクシー」なのです。 読んでいただきありがとうございます。 クリックしてもらえればさらにうれしいです。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ