朝日新聞連載小説 『春に散る』10回 沢木耕太郎   ボクシングの試合中継にだんだんに熱中していく「広岡」の心理が描かれいます。 ○打たれているボクサーのダメージを予想する。 ○今の試合と似ている過去の試合を思い出す。 ○過去の試合と現在の試合と比較する。 ○打たれ続けているボクサーの一瞬のパンチの意図を推測する。 ○優勢なボクサーの疲労度を予想する。  テレビの画面を観ながら、次々と上のように頭をめぐらせていっています。  私がボクシング中継を楽しめないのは、ボクシングについての知識がないのと、このような複雑な考えが働かないのだと気づかされました。勝敗だけが気になる観戦は限界があるのです。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ