朝日新聞連載小説 『春に散る』第16回  
 「広岡」は、突然に激しい体の変化に襲われていました。 
 やはり、前触れなしの重病のようです。 小説の先のことを予想しつつ読んでいたのが我ながら分かりました。予想は、当たるばかりでも楽しくないし、かと言って思わぬ展開ばかりでは、荒唐無稽のストーリーになってしまいます。

クリックをお願いします。にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ