朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第56回
そこの「車」という小さなプレートが貼られているフックから鍵を取り

手にした鍵のアンロック・ボタンを押して解錠した
 ミステリーの謎解き場面ではないので、どうしてここまで細かい描写が必要なのでしょうか。そして、今後の展開に関係があるとは思えないこういう表現が気に入るのでしょうか。