NHK総合TV『まれ』2015/7/9放送

 「まれ」の父親役の大泉洋に感心した。真っ青なパンツに紅白の縞模様のシャツ。今時漫才コンビの衣装でも使いそうにない。それが、似合っている。ダサさとフィット感、そして衣装が語るキャラクター。大泉洋にしか似合いそうもなかった。スタイリストも大したものだ。

 先週の放送だったと思うが、彼の演技にも感心した。「まれ」の父が激怒して大声をあげる場面があった。父は本気で怒って大声を出したのに、側にいた登場人物たちには何の影響も与えないのだ。「まれ」の父の大声は完全に無視された。
 激怒の仕草でありながら、他の登場人物たちは歯牙にもかけない。こういう演技は一流の喜劇役者の工夫の賜だろう。大泉洋は、そういう演技をサラリとやってしまう。いや、元来彼は工夫なぞしないのであろう。