朝日新聞連載小説『それから』夏目漱石第100回2015/8/24

 「三千代」は「代助」を超えた感覚を持っていると思う。
 彼女は、生活費のこと、夫との関係、世間体、そういったことよりも、「代助」との愛に重きを置いて、今後生きて行くことに迷いがない。
 一方、「代助」は、そこまで突き抜けた感覚にはなれない。
 「三千代」との生活も、「平岡」との関係も、何らかの解決をしなければならないと思っている。
 
 「代助」は、男女の愛を至上のものとして、そのためには人を傷つけることも厭わないという位置には立てない人だと思う。