朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第2回2015/9/22

 一言二言の会話から夫婦の関係が伝わってくる気がする。
 住んでいる家についての描写から、宗助夫婦が置かれている状況を察することができる。
 経済的に豊かでないだけでなく、宗助は今の職業や彼を取り巻く人々に満足していないように思う。妻に対する感覚と、住んでいる家についての感じ方にずいぶんと開きがあるように感じた。