朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第202回2015/10/25

 進藤という登場人物のことはまだよく分からない。しかし、佳菜子の話からは、妻子がいて元気に仕事をしていて表面的には安定した生活を送っている。それどころか、妻との仲はよさそうだ。仕事の不動産業の方も小規模ではあるが、困っている様子は見えない。
 少なくとも、広岡の昔の仲間の元ボクサーと比べれば、幸福な生活をしているように見える。だが、商売だからというだけでなく、「大人のシェアハウス」なるものに憧れをもっている。
 この気持ちも分からなくもない。家族がいて、住む家があって、老後の生活が送れるほどの貯えもあるからといって、それで満足するかというと、そうとも限らないのだろう。