朝日新聞連載小説『門』夏目漱石第80回2016/1/26

 日本国内では飽き足らず、活躍の場を海外に求める人はいつの時代にもいる。
 坂井の弟の場合は、事業を起こし金儲けをすることだけが目的のようだ。しかも、先ず渡った所は満州であった。当時の事情を十分に承知してはいないが、当時の国策とそれに煽られた風潮にのった行動のように感じられる。