朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第351回2016/3/26

 佳菜子は日曜日ごとにチャンプの家に来て、四人と一緒に食事までしている。毎回気の利いたお土産も持ってくるのだろう。


広岡は、翔吾が佐瀬の取り越し苦労を(略)

 翔吾のカムバックに能動的に力を貸すような「取り越し苦労」をする気は、広岡にはまだないようだ。

 星は、翔吾が四人ではなくて広岡に教わりたいことを察している。

 藤原は、佐瀬と一緒に「取り越し苦労」を始めるようだ。