龍三と七人の子分たち 監督  北野武

 楽しめなかった。
 役柄とほぼ同年齢の役者の演技に面白みを感じられなかった。
 キャスティングでは、北野武が龍三を演じれば、かなり映画全体の雰囲気が変わったと感じた。
 また、北野映画には、独特のいくつかの仕掛けや小ネタともいえる場面があるが、この映画ではその笑いのポイントに反応できなかった。例えば、数を指で示す場面などは、すぐに裏を読めてしまった。
 現代的な題材とは思うが、老人が活躍するという話はなかなかに難しいものだ。時代はグンと前になるが、長谷川町子の漫画「意地悪ばあさん」のような痛快さを現代化できないものだろうか。