座頭市 監督 北野武

 勝新太郎の座頭市のようなおもしろい映画を創ろうという監督と制作スタッフの思いを感じた。

 過去の座頭市シリーズを超えられなかったのは確かだ。
 だが、新たな要素が加わって成功しているとも感じた。
 それは、北野映画得意の喜劇としての要素だ。いわばショートコントのような場面場面が楽しめた。例えば、ガダルカナル・タカが演じる登場人物が村の若者に剣術を教えるシーン、なんということのない設定と演芸舞台のパクリともいえる殺陣だが、妙におもしろい。笑いの王道を丁寧になぞっているのであろう。

 どんな映画でも、原作脚本の土台がしっかりしていることとスターの人気に寄りかからないことが大切なのだ。