朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第441回2016/6/27

 一読者としては長い間謎に包まれていたことが、明らかにされてきた。
 ここまでを聞くと、佳菜子を守るとすれば、母の再婚相手(義父)からということになるが、それだけだろうか?
 シェルターのような集落でのできごとが次に明かされるのだろうか?


 藤原、佐瀬、星、翔吾、佳菜子、そして、猫のチャンプ、みな共通点があると思う。それは、広岡にも。
 「チャンプの家」は、チャンピオンの家であり、捨てられた子猫の安住の住処でもあると感じる。