朝日新聞連載小説『春に散る』沢木耕太郎第498回2016/8/24

それが自分の眼を守る最善の方法だと考えたに違いなかった。

 勝つことと同時に眼を守らなければならない。
 二ラウンドまでは、翔吾のジャブがバイエフの体力を消耗させ、ポイントも翔吾に有利だ。だが、‥‥

(略)一発が眉間に入り、翔吾の頭をガクッと後ろにのけぞらせた。

 ラウンドが進むにつれて、バイエフのパンチが翔吾の体力を消耗させ、翔吾の眼への負担を増す。

 
 眼へのダメージをどうやって防ぐか?
 クロス・カウンターをいつ狙うか?
 そして、今までにない戦術が出るか?