朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第39回2016/10/10

 理有の言動は演技としてしか受け取れない。
 もし、演技だとしたら‥‥
・祖父母がママの自殺を隠そうとしていることを、見抜いた。
・祖父母は理有と杏がママの部屋に入っていないと思っていることを、察した。
・理有と杏がママの自殺に気づいていなかったことを確実なものにする必要があると、考えた。
 そこまでを瞬時に計算し尽くし、嘘を隠し通すための演技だったことになる。

 ママの血だらけの状態から自殺を遂げさせるべきだと冷静に判断したなら、さらに計算した演技で自分と妹の行動を隠し通そうとしたなら、理有という人はいったい‥‥。

 ただし、ここまでは全て杏の眼を通して書かれている。