朝日新聞連載小説『クラウドガール』金原ひとみ第112回2016/12/25

 母の死の詳細については、杏の回想でしか描かれていない。
 理有から、母の死について詳しく話されたのは、前回(111回)だけだ。
 父は、理有とのスカイプで次のように言っていた。

「ユリカは病気だった。それで、ユリカの病気にも死にも、理有は関係ないんだよ。」(52回)

 杏は、晴臣に、母は心筋梗塞で死んだと言って(31回)いた。理有は、光也に母は心筋梗塞で亡くなったと言って(24回)いた。 
 こうやって見ると、母が自殺だったことは、杏の記憶でしかない。母が心筋梗塞で亡くなったのだとしたら、理有の言う通り、杏は自分の記憶を改ざんしていたことになる。しかし、杏の記憶は、母の死の場面だけではない。死の翌日の理有の言葉を記憶している。

「普通はこのタイミングで納棺しない」(41回)

 こういう姉の言葉まで、改ざんした記憶に残るだろうか、疑問だ。ただし、こういうことに気づく理有も鋭敏過ぎるとは思うが。

 杏は、またパニック発作を起こしそうだ。杏がパニック発作を初めて経験したのは、広岡さんから「何か、夢ある?」と聞かれ、次のような思いが浮かんだ時だった。

ママはいない。理有ちゃんとママと私の三人で暮らすことはもう出来ない。(62回)

 杏が最も恐れていることが、上の文に凝縮されているのだろう。